仮想通貨新しい経済

【日本発】AstarNetwork(ASTR)とは?特徴や仕組み、将来性をわかりやすく解説。

仮想通貨

この記事では、レイヤー2ソリューションであるAstar Network(ASTR)について解説して行きます。

また、Web 3後進国である日本のブロックチェーンプロジェクトであるAstarNetworkは、国内外でも非常に注目を集めています。

この記事を通してAstarNetworkの全体像を掴んでいただけたらと思います。

また、AstarNetworkについてこの記事の内容をまとめると以下のようになっています。

  • ブロックチェーン同士を繋ぐマルチチェーンスマートコントラクトプラットフォーム
  • 日本の起業家渡辺創太さんが創設した
  • Polkadotをメインチェーンとして構築されている

最後までご覧いただけると幸いです。

資本主義の奴隷編集長
資本主義の奴隷編集長

この経済と仮想通貨をこよなく愛している労働者マンが執筆しています。

この記事を読むメリット
  • AstarNetwork(ASTR)の将来性について知ることができる
  • dApps Stakingという開発優先の報酬付与のあり方を知ることができる
  • ASTRトークンの仕組みについて理解できる

また、AstarNetwork(ASTR)は国内取引所のbitbankでの取り扱いが開始されました。ぜひこの機会にご購入いただけたらと思います。

bitbank

Astar Network(ASTR)とは?

創設者の渡辺創太と運営企業

AstarNetwork(ASTR)とは、日本発の「ブロックチェーン同士を繋ぐ」ことを目的としたプロジェクトです。

運営企業のStake Technologies株式会社は、ブロックチェーン等のIT技術を用いて次世代のWebであるWeb3.0の実現を目指す日本の株式会社です。

創業者は渡辺創太さんです。まだ27歳という若さで日本を代表するWeb3起業家として業界の最先端で奮闘する人物です。

渡辺創太

ただ、彼はWeb 3起業家として企業を大きくしようとしている訳ではなく、いずれ「会社をつぶ」してDAO(分散型自律組織)を目指している旨をForbesのインタビューでも述べています。

「だから会社をつぶすんです。AstarNetworkはコミュニティにいる数万の人たちが協力して支えるネットワークで、会社がなくても回ります。会社が大きくなると、発言権が強くなりすぎて逆によくない。最終的にはDAO(分散型自律組織)にして、僕はコントリビューターとして貢献したい」

Forbes「Web3起業家 渡辺創太、業界の最先端をいく27歳が描く未来」2022年8月25日

ブロックチェーン同士を繋げるAstar Network

AstarNetwork(ASTR)は、マルチチェーン対応のスマートコントラクトプラットフォームです。

Polkadot(DOT)というレイヤー1チェーン上に展開されています。このプラットフォームが開発された背景には、ブロッックチェーン間の互換性の小ささがあります。

ユーザーがあるチェーン上で保有するNFTを他のチェーンで使用すると非常にコストがかかる問題があります。

この課題を、複数のブロックチェーン上でdApps(分散型アプリケーション)をトラストレスに展開可能にするdAppsのハブとしてAstar Networkを機能させることで解決しようとしています。

2021年12月には、Astar Networkはレイヤー1ブロックチェーンであるPolkadotの100個しかないネットワークに接続する枠を獲得しています。

ASTRトークンとdApps Stakingの採用

AstarNetwork(ASTR)は、開発者への報酬を充実させることを目的としたdApps Stakingという仕組みを採用しています。

ブロックチェーンの発展で重要なのは、自らの手で開発し運用をしている開発者たちです。

彼らが身銭を切っているにも関わらず、投資家などのブロックチェーンネットワーク参加者への報酬は充実している傾向が強くありました。

そこで、AstarNetwork(ASTR)が採用したのがdApps Stakingという仕組みです。この仕組みは、開発者がスマートコントラクトを実装するたびにASTRトークンが付与される仕組みです。

これにより、開発者たちにベーシックインカムを与えようとしているのです。

名称Astar Network
シンボルASTR
公式サイトastar.network
現在の価格¥5.21
時価総額¥19,325,240,823
時価総額ランキング237位

また、AstarNetwork(ASTR)は国内取引所のbitbankでの取り扱いが開始されました。ぜひこの機会にご購入いただけたらと思います。

bitbank

ブロックチェーンが抱える課題

互換性のないブロックチェーンの課題とすすむマルチチェーン化

現在、世界には100〜200種類のブロックチェーンが存在します。

これらのブロックチェーンは互換性がない場合が非常に多いです。例えばイーサリアムやBinanceチェーン同士の互換性はありません。

イーサリアムのチェーン上で発行される仮想通貨やNFTは、他のチェーンで使用することができないなんてことが当たり前のように起こっています。

そのために、現在マルチチェーン化という動きが、ブロックチェーンでは起こっています。

マルチチェーン化の背景

ブロックチェーンは互換性がない場合が非常に多いためユーザビリティーが低い

クロスチェーンとサイドチェーン

このブロックチェーン同士の非互換性を解消するために、現在マルチチェーン化をする動きが見られています。

そのための技術として以下の二つがあります。

  1. サイドチェーン
  2. クロスチェーン

そのうち、AstarNetworkはサイドチェーンという技術を利用してマルチチェーン化に取り組んでいます。

クロスチェーン

クロスチェーンとは、異なるブロックチェーン同士をまたぐことを指します。

クロスチェーン取引が実現することで、仲介者を介在せずに異なるチェーン上で展開される仮想通貨を直接交換できるようになり、取引所が抱えるセキュリティ上のリスクや手数料などを回避できます。

クロスチェーンの具体的な事例としてはCoin98というクロスチェーンブリッジプロトコルが挙げられます。

サイドチェーン

もう一つがサイドチェーンと言われる手法です。サイドチェーンとはブロックチェーンそのものに拡張性を持たせる技術のことです。

サイドチェーンとは、イーサリアムのPlasmaという技術などが挙げられます。親チェーンの下に子チェーンと孫チェーンを繋ぎ、複数のブロックチェーンに対応できるようにするのです。

サイドチェーンとは?

サイドチェーンとはブロックチェーンそのものに拡張性を持たせて、レイヤー1チェーンの機能を補完する技術

サイドチェーン技術を利用したものとしてPolygonが挙げられます。

この記事で解説する、AstarNetwork(ASTR)も、Plasmaに近い仕組みを採用しています。

Plasmaでは、メインのブロックチェーンである「親チェーン」に繋げることができる「子チェーン」を作り、その「子チェーン」や「孫チェーン」に処理を行わせ、最終的なデータだけを親のブロックチェーンに保存するという方法をとります。

DMM Bitcoin公式サイト

具体的には、Polkadot(DOT)のパラチェーンとして開発され、ブロックチェーン間の非互換性という課題をクリアしようとしています。

また、AstarNetwork(ASTR)は国内取引所のbitbankでの取り扱いが開始されました。ぜひこの機会にご購入いただけたらと思います。

bitbank

Astar Network(ASTR)の仕組み

Polkadotのサイドチェーン

AsterNetowork(ASTR)は、Polkadotのパラチェーン(もしくはサイドチェーンともいう)として位置しています。

Polkadot(DOT)は、異なるブロックチェーンが相互運用できる分散型のWeb世界の実現を目指したブロックチェーンでです。

2021年11月にPolkadot(DOT)のリレーチェーンに接続できるパラチェーンのオークションが実施され、その中の一つとして世界で3番目にAsterNetworkが接続権を獲得しています。

PolkadotとAstarNetworkの関係

AsterNetowork(ASTR)は、Polkadotのパラチェーン(もしくはサイドチェーンともいう)として位置しています。

Polkadot(DOT)の構造として、リレーチェーンがPolkadot(DOT)の心臓部として存在します。

そこにAster Networkのようなパラチェーン(サイドチェーンとも言える?)と呼ばれるスマートコントラクト機能を備えたチェーンが接続することができます。

マルチチェーン対応したdAppsのハブ

AstarNetworkでは、複数のブロックチェーンとの互換性があるdApps(分散型アプリケーション)を展開することができます。

AstarNetwork(ASTR)では、イーサリアムやCOSMOS、Binance等の主要レイヤー1ブロックチェーンとの互換性を持っています。

これにより、複数のブロックチェーン上でDeFi(分散型金融)やDAO(分散型自律組織)、NFTなど、dApps(分散型アプリケーション)を展開することができます

AstarNetworkのマルチチェーン対応とは?
  • AstarNetworkでは、複数のブロックチェーンとの互換性があるdAppsを展開できる
  • イーサリアムやCOSMOS、Binance等の主要レイヤー1ブロックチェーンとの互換性を持っている

Substrateを使い開発

Astar Networkは、Substrateというブロックチェーンを構築するためのフレームワークを用いて開発されています。

簡単にいうと、ブロックチェーン版のワードプレスのようなもののことを指します。

Polkadotがこのフレームワークを利用して開発されているためパラチェーンとしてAstarNetworkは接続することができます。

Substrateというフレームワークを利用することのメリットは、ブロックチェーンの拡張やアップグレードも容易にできるようになっている点です。

Substrateとは?
  • ブロックチェーンを構築するためのフレームワーク
  • ブロックチェーン版のWordpressのようなもの

また、AstarNetwork(ASTR)は国内取引所のbitbankでの取り扱いが開始されました。ぜひこの機会にご購入いただけたらと思います。

bitbank

AstarNetwork(ASTR)の特徴

EVM(イーサリアム仮想マシン)に対応

AstarNetwork(ASTR)は、EVM互換性を持っているので、イーサリアムと同じ言語(Solidity)を使い乗り換えが簡単に出来る技術を導入しています。

EVMとはETH仮想マシンのことで、イーサリアムと同じ言語を使ってプラットフォームを構築する事できます。

EMVとは?

ETH仮想マシンのことで、イーサリアムと同じ言語を使ってプラットフォームを構築する事でイーサリアム上で作られたDAppsや暗号通貨をそのまま移築することができる

これにより、イーサリアム上で作られたDAppsや暗号通貨をそのまま引っ越しさせる事が出来ます。今までイーサリアムでしか作ってこなかったエンジニア達が、イーサリアムより便利なプラットフォームを見つけた際に、乗り換えを楽にする仕組みのことを指します。

WebAssembly(WASM)に対応

AstarNetworkでは、開発者言語にWebAssemblyも採用します。

WebAssemblyを扱うことができる開発者は既に3000万人いるとされており、そこそこメジャーな言語になっています。

WebAssemblyとは?〜実際にC言語をブラウザで動かす〜【2019年6月版】 - Qiita

そのため、AstarNetwork上でそこそこメジャーな言語で開発することができる点が開発者にとってメリットとなっています。

Webassemblyとは?

Webブラウザを含むモダンな実行環境での効率的なコード実行とコンパクトなコード表現を実現するために設計された、プログラミング言語

また、AstarNetwork(ASTR)は国内取引所のbitbankでの取り扱いが開始されました。ぜひこの機会にご購入いただけたらと思います。

bitbank

Astar Network(ASTR)の価格動向

AstarNetwork(ASTR)は国内取引所のbitbankでの取り扱いが開始されました。ぜひこの機会にご購入いただけたらと思います。

bitbank

Astar Network(ASTR)の将来性

多くのVCや企業から出資を受けている

現在、AstarNetworkは多くの企業から出資を獲得しています。

例えば、プロサッカー選手の本田圭佑や、イーサリアムの共同創業者、Binance Labなどの錚々たるメンツからの出資を獲得しています。

今後も目を離すことができないプロジェクトと言えるでしょう。

国内取引所での取扱いが開始された

AstarNetwork(ASTR)が、国内取引所のbitbankでの取り扱いを開始するそうです。これは、日本初の仮想通貨銘柄の中で初とも言えるでしょう。

これは、着実にAstarNetwork(ASTR)の実力が認められ始めていることの証左でしょう。ファウンダーの渡辺創太さんも喜びのツイートをしています。

ぜひこの機会に口座開設ASTRトークンの入手をしていただけたらと思います。

bitbank

さいごに

この記事では、日本初のマルチチェーン対応のスマートコントラクトプラットフォームのAstarNetwork(ASTR)について解説してきました。

この記事の内容をまとめると以下のようになっています。

  • ブロックチェーン同士を繋ぐマルチチェーンスマートコントラクトプラットフォーム
  • 日本の起業家渡辺創太さんが創設した
  • Polkadotをメインチェーンとして構築されている

また、AstarNetwork(ASTR)は国内取引所のbitbankでの取り扱いが開始されました。ぜひこの機会にbitbankを口座開設してASTRトークンを入手いただけたらと思います。

bitbank

タイトルとURLをコピーしました