DeFi新しい経済

PancakeSwap(パンケーキスワップ:CAKE)とは何?特徴や将来性もあわせて解説。

DeFi

この記事ではDEX(分散型取引所)の一種であるPancakeSwap(パンケーキスワップ)とそこで入手できるCakeトークンについて解説して行きます。

PancakeSwapでは

  • ファーミングやステーキングで利益を稼ぐことができる
  • 中央がない分散型取引所(DEX)の一種である

といった特徴があります。詳細は以下において解説して行きます。

労働者マン
労働者マン

この記事は、経済オタクで仮想通貨にハマっている労働者マンが解説します

この記事でわかること
  • PancakeSwap(パンケーキスワップ)についての全体像を知ることができる
  • CAKEについての将来性について知ることができる

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?

PancakeSwap(パンケーキスワップ)は、2020年にローンチされたDEX(分散型取引所)です。

また、Pancake swapに対して流動性を提供すると獲得できるのが、CAKEというトークンです。

DEX(Decentralized Exchange:分散型取引所)とは、P2Pネットワークを導入した分散型の仮想通貨取引所です。仲介を挟まずユーザー同士での取引が可能になります。

DEX(分散型取引所)とは?
  • P2Pネットワークを導入した分散型の仮想通貨取引所
  • 仲介を挟まずユーザー同士での取引が可能

従来の取引所はDEXに対してCEX(Centralized Exchange)と呼ばれています。CEXは、特定の企業によって取引所が中央管理者によって管理されています。

具体的にはCoincheckやbitFlyerなどの企業が運営する取引所が挙げられます。

一方で、PancakeSwapのようなDEXでは企業などの中央管理者を介することなくユーザー同士での取引が実現されます。ちなみに、PancakeSwapと似たようなDEXには、

  • Binance DEX
  • UniSwap
  • ApeSwap

などがあります。

通貨名ケーキ
シンボルCAKE
取扱取引所PancakeSwap
時価総額4,440,000,000円
発行上限なし
公式HPpancakeswap.finance

また、PancakeSwapはDEXの一つであり、金融庁からの認可を受けていません。そのため、詐欺などにあっても、国からの補償を受けることができないので注意しましょう。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の特徴

ここではPancakeSwapの特徴について解説して行きます。

ハッキングのリスクが低い

DEX(分散型取引所)では、サーバ運用など、取引に必要な情報を中央で管理せず、ユーザーたちが分散して管理しています。

そのため、DEXであるPancakeSwapはハッキングされても被害を最小限に抑えられる可能性が高いです

CEX(中央集権型取引所)では中央のサーバーが攻撃されると、全てがダメになります。ただ、PancakeSwap(パンケーキスワップ)はDEXなため、一箇所がやられても被害は最小限になります。

手数料が格安である

中央集権型の取引所は企業が運営するために、運営コストをユーザーに負わせます。そのため、手数料が高くなりがちです。

ですが、DEX(分散型取引所)であるPancakeswapは手数料が格安になっています。さらに、同じDEXであるUniswapよりも手数料が低くなっています。

本人確認が必要ない

DEXであるPancakeSwapが、Coincheckなどの企業が運営している取引所と違うのが、身分証明や本人確認が必要がないことです。

Metamaskといったウォレットを持っていれば、誰でも取引を開始することができます。そのためトレーダーの匿名性が非常に高いのがDEXのメリットと言えるでしょう。

CHECK
  • 手数料が格安
  • 匿名性が高く、身分証明がいらない
  • 多くの銘柄を取引できる

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の仕組み

BSC(バイナンス・スマート・チェーン)上に展開されている

PancakeSwapは、バイナンススマートチェーン(BCS)のBEP20という規格元で作られました。

BCSは、Binanceという取引所などのサービスを提供している企業が保有しています。BCSを利用することで、DeFi(分散型金融)やDApps(分散型アプリケーション)を開発することができます。

BCS上で展開されているPancakeSwapでは、基軸通貨がBNB(バイナンスが発行する仮想通貨)になります。

バイナンススマートチェーンとは?
  • BCSは、Binanceという取引所などのサービスを提供している企業が保有
  • BCSを利用することで、DeFi(分散型金融)やDApps(分散型アプリケーション)を開発できる

AMM(オートメイテッド・マーケット・メーカ)形式の初の取引所

PancakeSwapは、AMM(オートメイテッド・マーケット・メーカ)形式を採用しているDEX(分散型取引所)です。

AMM(オートメイテッド・マーケット・メーカ)形式とは、流動性プール(お金が溜まった金庫)に対して売り手と買い手が直接取引をする方式になります。

AMM形式とは
  • AMMは流動性プール(お金が溜まった金庫)に対して売り手と買い手両者ともに取引をします。
  • 価格決定はアルゴリズムに基づいてされます。

通常の取引所は、オーダーブック形式を採用しています。この形式は、取引所が仲介に入って売りたい値段と買いたい値段が一致している売り手と買い手をマッチングさせます。

オーダーブック形式とは?
  • オーダーブック形式は、取引所が仲介に入る
  • 売り手と買い手の言い値一致している人をマッチさせる

一方でAMM形式は、アルゴリズムによって事前に決定されているので、それを基準に売り手と買い手が直接取引できるのです。また、流動性プールの流動性が高くなるほど、DEXとしての質が高くなります。

また、AMMだからこそのちに説明するイールドファーミングやステーキングによって利益を生み出すことができます。

PancakeSwapでできること

続いて、PancakeSwapでできる機能について解説します。具体的にできることとして

  1. スワップ
  2. ファーミング
  3. ステーキング

スワップ:仮想通貨を交換する

PancakeSwapの基本的な機能として、仮想通貨のスワップがあります。これは、要は仮想通貨と仮想通貨を交換するという意味です

例えば、保有しているビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を、別の仮想通貨に交換するといったことです。

PancakeSwapでは、のちに解説しますが、仮想通貨を預けることでCakeトークンを稼ぐこと(ファーミング)ができます。

スワップとは?

仮想通貨と仮想通貨を交換すること

ですが、預ける通貨の種類によって得られるトークンに違いが出てくるため、スワップ機能でより利益が出やすいものに交換することができるのです。

ファーミング(イールドファーミング):仮想通貨を預けてLPトークンを受け取る

PancakeSwapを利用する最大のメリットにファーミング機能があります。これは、仮想通貨を預けてLPトークンを獲得するというものです。一般的にイールドファーミングと呼ばれるものです。

イールドファーミングとは暗号資産などをDEXなどに貸すことで、流動性を提供する見返りに利息や手数料、もしくはトークンを受け取ることのできる仕組みです。

預ける通貨は2種類必要です。これを通過ペアと言います。通貨ペを預けることでLPトークンを獲得できます。LPとはLiquidity Provider(流動性提供)という意味になります。

イールドファーミングとは?

暗号資産などをDEXなどに貸すことで、流動性を提供する見返りに利息や手数料、もしくはトークンを受け取ることのできる仕組み

通貨ペアをPancake Swapに仮想通貨を提供することで流動性を提供した利息としてLPトークンがもらえるのです。

流動性マイニング:LPトークンをFarmに預けてCAKEトークンをもらう

その後、報酬として受け取ったLPトークンをFarmに預けることで、預けている時間の長さに応じてCakeトークンが増えて行きます。この行為を一般的に流動性マイニングと言います。

流動性マイニングとは、分散型取引所(DEX)に流動性を提供し、見返りとして取引所の独自トークンを得る行為を指します。

流動性マイニングとは?

分散型取引所(DEX)に流動性を提供し、見返りとして取引所の独自トークンを得る行為を指します。

ステーキング

Pancakeswapでは、Harvest(収穫)したCAKEトークンをさらにステーキングすることで利益を得ることができます。

ステーキングとは、DEXへ対象の仮想通貨保有し、ブロックチェーンネットワークへの貢献の見返りとして、報酬を得ることができる機能のことです。

ステーキングとは?

DEXへトークンを預け入れることで、コミュニティーへの貢献の見返りとして、報酬を得ることができる機能

Cakeトークンの価格動向

Cakeトークンのチャートはこちらに載せておきました。参考までにご覧ください。

PancakeSwapの将来性

イーサリアムネットワーク上のUniswapやSushiswapに比べ、PancakeSwapは取引手数料が低いなどのメリットがあります。そこで、乗り換えが起こり、覇権を握る可能性はあります。

ただ、Pancake swapには

  • 詐欺にあう可能性がある
  • 投機目的の投資家が多く値動きが大きい

というボトルネックがあります。これらのボトルネックが解消されるか否かが、Pancakeswapの将来にかかっていると言えるでしょう。

詐欺に引っかかる

Pancakeswapは、どのような通貨でも誰でも発行できることがメリットとしてあります。ただ、先に指摘したように、詐欺トークンも上場されている可能性があるということです。

また、法整備も進んでいないため、もし詐欺などをPancakeswapで受けたとしても、国からの補償は受けることができません。

CHECK
  • 詐欺トークンも上場されている可能性がある
  • 詐欺などを受けたとしても、法整備が進んでいないので国からの補償は受けることができません。

投機目的の人が多く、値動きが大きい

そのため、非常に取引としてのリスクは高いです。またPancakeswapを購入している人は投機目的の人が多いため、一攫千金を狙うことができますが、一夜にして0なんてこともあり得ます。

初心者の人が手を付けるのは、やばいです。初心者は黙って、イーサリアムかビットコインに投資してください。金融リテラシーを高めた人がUniswapに挑戦すべきと断言します。

CHECK
  • 詐欺にあう可能性がある
  • 投機目的の投資家が多く値動きが大きい

さいごに


タイトルとURLをコピーしました