DeFi新しい経済

【defi】0x(ZRX:ゼロエックス)とは?特徴や仕組み、将来性について分かりやすく解説。

DeFi

ここ数年、DEX(分散型取引所)が多くローンチされ、DeFiの環境が徐々に整っている状況です。そんな中で、縁の下の力持ちのごとく暗躍しているDeFiプロトコルがあります。それが0x(ZRX:ゼロエックス)です。

この記事では、そんな縁の下の力持ちのDEXアグリゲータープロトコルの0x(ZRX:ゼロエックス)について解説していきます。

  • 0x(ZRX:ゼロエックス)はDEX(分散型取引所)に流動性を提供するプロトコル
  • 0x(ZRX:ゼロエックス)取引手数料はほぼ無料で取引速度も高速である
編集長
編集長

この記事は、経済オタクで仮想通貨にハマっている資本主義の奴隷編集部が解説しています。

この記事でわかること
  • 0x(ZRX:ゼロエックス)の創業者や特徴、仕組みについて知ることができる
  • 0x(ZRX:ゼロエックス)の将来性や価格動向について知ることができる

0x(ZRX:ゼロエックス)とは?

DeFiプロトコルの0x(ZRX)

そもそも0x(ZRX)は、分散型取引所(DEX)アグリゲータープロトコルを提供するプロジェクトの名称です。

DEXアグリゲータープロトコルとは、各DEXに対して流動性を提供するためのインフラのようなものです。ざっくり言うとDEXを支える縁の下の力持ち的な存在です。0xは以下のような機能を提供しています。

  • 0x Mesh
  • 0x API
  • 0x Instant
  • 0x Instant

そもそもDEX(分散型取引所)は、CEX(中央集権型取引所)と比べて流動性が低いと言う問題点がありました。0xは、こうした課題を持ったDEX(分散型取引所)に対して、流動性を提供することを可能にしました。

また、オフチェーン取引やリレイヤーと言う技術を採用することで、DEX(分散型取引所)に対して流動性を提供することに成功しました(下記で解説)。

0xを活用しているDEX(分散型取引所)
  • Uniswap
  • Curve
  • Bancor
  • Balancer

創業者と運営組織0xDAO

0xは2016年にWill Warren氏とAmir Bandeali氏によって設立されました。

また運営主体は0xDAOと呼ばれるDAO(自律分散型組織)によって運営されています。0x DAOは0xが発行するZRXと言うガバナンストークンを所持しているユーざーによる投票によって運営方針が決められます。

ZRXトークン

0xはZRXと言うトークンを発行しています。

ZRXトークンは、主に0xの運営主体である0xDAOのガバナンストークンとして機能するトークンです。ZRXトークンは、0xのサービスの開発方針や運営方針についての投票権として機能しています。

通貨名(通貨単位)0x/ゼロエックス(ZRX)
公式サイト0x.org
ホワイトペーパーリンク
公開日2017年8月15日
発行上限枚数1,000,000,000枚
コンセンサスアルゴリズムProof of Work
Twitter@0xproject

0x(ZRX:ゼロエックス)の特徴

オフチェーン取引によるスケーラビリティー問題の解決

0xは、オフチェーン取引を採用していることで取引処理速度が早く、取引手数料をほぼ無料にすることに成功しています。

オフチェーン取引とは?
  • オフチェーン取引とは、取引したいユーザー同士のメッセージのやり取りはブロックチェーンの外側で、最終的な決済や取引だけがブロックチェーン上で行われる仕組みです。

これにより、多くのブロックチェーンが慢性的に抱えているスケーラビリティー問題の影響を受けることなくユーザーが取引できるようになっています。

リレイヤーによる流動性の提供

0xは流動性を提供するためのキーとして働くのがリレイヤーと言う0xネットワークの管理者たちの存在です。リレイヤーとは、簡単にいうと取引をする人の仲介者的なイメージで捉えていただくと分かりやすいと思います。

取引をする際に、注文を出すメイカーが取引相手を知っている場合は不要ですが、オーダブック注文形式の場合、リレイヤーを介してメイカーと取引相手のマッチングがおこなわれます。

オフチェーン取引とは?
  • トランザクション処理の順序アレンジからMEV(最大抽出価値)を創出し、フィーを抜いた収益をバリデーターへ還元する中継組織。

複数のブロックチェーンに対応

また、当初はイーサリアムのみに対応していましたが、現在はPolygonやAvalanche等の複数のチェーンと通貨に対応している点が特徴です。

公開された2017年当初は対応する仮想通貨がETHのみでしたが、その後マルチチェーン対応を実施することで対応できる仮想通貨の種類が増加足ています。

0xが対応しているブロックチェーン
  • Ethereum(ETH)
  • Polygon(MATIC)
  • Optimism(OP)
  • Avalanche(AVAX)
  • BCS(BNB)
  • Fantom(FMT)

0x(ZRX:ゼロエックス)の将来性

現状、CEXが提供する流動性と比べるとDEXや0xのようなプロトコルはまだまだと言える状況です。ただ、DeFi市場の拡大によって0xのような分散型プロトコルは大きく成長する可能性を秘めていると言えるでしょう。

ZRXの価格動向

さいごに

この記事では、そんな縁の下の力持ちのDEXアグリゲータープロトコルの0x(ZRX:ゼロエックス)について解説していきまいた。これまでの内容をまとめると以下のようになります。

  • 0x(ZRX:ゼロエックス)はDEX(分散型取引所)に流動性を提供するプロトコル
  • 0x(ZRX:ゼロエックス)取引手数料はほぼ無料で取引速度も高速である

タイトルとURLをコピーしました