Crypto新しい経済

トークンエコノミーとは?Web3との関係や活用事例についてわかりやすく解説。

Crypto

この記事では、近年注目を集めているトークンエコノミーについて解説して言います。

トークンエコノミーという言葉は、Web3界隈ではよく出てくる概念ですが、必ずしもWeb3に縛られる概念ではありません。

この記事では、トークンエコノミーという概念について解説したのちに、ブロックチェーン技術や仮想通貨との関係性、トークンエコノミーの具体的な事例を紹介していきます。また、この記事の結論は以下のようにまとめられます。

トークンエコノミーとは、代替通貨経済のことを指し、法定通貨の代わりに商品などの価値を持つ物と交換できる通貨が生み出す経済圏のことを指します。

資本主義の奴隷編集長
資本主義の奴隷編集長

この経済と仮想通貨をこよなく愛している資本主義の奴隷編集部が執筆しています。

この記事を読むメリット
  • トークンエコノミーとは何かを知ることができる
  • トークンエコノミーの具体的な事例について知ることができる
  • Web3が実現するトークンエコノミーについて知ることができる

トークンエコノミーの概要

トークンエコノミーとは?

トークンエコノミーとは、代替通貨経済圏と訳すことができます。

トークンとは、法定通貨の代わりに商品などの価値を持つ物と交換できる通貨のことです。この通貨が多くの人に使用されて生み出される経済圏をトークンエコノミーというのです。

例えば、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨や商店街の商品券、ゲーム内の通貨などがこれに当たります。

1種類の代替通貨が多くの人によって使われると、そこには経済圏が生まれます。これがトークンエコノミーなのです。

トークンエコノミーとは

トークンエコノミーとは、代替通貨経済のことを指し、法定通貨の代わりに商品などの価値を持つ物と交換できる通貨が生み出す経済圏のことを指します。

既存の経済圏とトークンエコノミーの違い

既存の経済では、銀行や国家などの中央集権的な組織が貨幣の流れの仲介をしていました。しかし、トークンエコノミーではより分散的かつ民主的に経済取引が可能となっています。

どういうことかというと、既存の経済は、銀行や国家が取引をする際に必ず介在してきます。ですが、トークンエコノミーでは、個人と個人が直接取引ができのです。

トークンエコノミーが注目された背景

トークンエコノミーが注目を浴びるようになっている背景には、仮想通貨やブロックチェーンのようなWeb3系の技術の発展があります。

トークンエコノミーは商店街の商品券やTポイントカードなどこれまでの世界でも実現はされてきました。ただ、これらは法定通貨によって価値が裏付けられた代替通貨(トークン)でしかありません。

結局、法定通貨にしてもTポイントカードや商品券は国家の権威が背景にあるからこそ、価値をもつのです。

ですが、ブロックチェーン技術によって国家による権威付けがなくても、ビットコインやイーサリアムのような仮想通貨が生み出されるようになったのです。

トークンエコノミーが注目された背景

仮想通貨やブロックチェーンのようなWeb3系の技術の発展により国家を介さずに通貨発行ができるようになった

トークンエコノミーを実現するメリット

ブロックチェーン技術による貨幣への信用性を付与

ブロックチェーンとは、取引履歴を暗号技術によって過去から1本の鎖のようにつなげ、正確な取引履歴を維持しようとする技術とされています。別名を分散型台帳とも言います。

取引履歴をブロックチェーンに残すことで、改ざんや取引の重複等のリスクを低くすることができます。これにより、仮想通貨の信用を担保することが可能となっているのです。

スマートコントラクトによる契約の自動化

ブロックチェーンがさらに利便性を発揮する上で重要なプログラムがスマートコントラクトです。ブロックチェーンはただのデータベースです。

そこに、スマートコントラクトを組み合わせることで、取引の実行から決済までの契約の自動化ができるようになるのです

スマートコントラクトとは、ある契約・取引について「特定の条件が満たされた場合に、決められた処理が自動的に実行される」といった、契約履行管理の自動化を指します。

確実な業務の遂行(スマートコントラクト)

さらに、スマートコントラクトの導入によって、開発者はブロックチェーン上でさまざまなサービスを展開することができるようになりました。

スマートコントラクトとは?
  • ブロックチェーンがさらに利便性を発揮する上で重要なプログラムがスマートコントラクト
  • 取引の実行から決済までの契約の自動化ができるようになるのです

特にイーサリアム(ETH)は、スマートコントラクトによってWeb上に」新しいトークンエコノミーを作り出すことに成功しています。

DeFi(分散型金融)の発達による資金調達の簡易化

ブロックチェーン技術によって、DeFi(分散型金融)という新しい金融の形も生み出されています。これにより、トークンエコノミー内で資金調達が容易になっています。

既存の金融機関(銀行、生命保険会社、証券会社)などは、取引の仲介をして手数料をユーザーから取ることで売上を上げてきました。これらをCeFi(Centralize Finance)とも言います。

DeFi(分散型金融)とは?

仲介業者としての機能を果たすCeFi(中央集権型金融)をスマートコントラクト機能で不要にし、ユーザー同士での取引を可能にした金融の形

そこで、DeFi(分散型金融)は、仲介業者としての機能を果たすCeFi(中央集権型金融)をスマートコントラクト機能で不要にし、ユーザー同士での取引を可能にするのです。

これにより、誰でも簡単に資金調達が可能となっているのです。DeFiの中でもICO(イニシャル・コイン・オファリング:Initial Coin Offering)が、Web3系サービスの資金調達を容易にしています。

NFT(非代替性トークン)による付加価値の創出

トークンエコノミーの活用事例

イーサリアムネットワーク

イーサリアムは、2013年にヴィタリック・ブテリン氏(@VitalikButerin)によって考案されたものです。

イーサリアムは、スマートコントラクトによってdApps(分散型アプリケーション)が開発可能となっているプラットフォームです。

そのため、イーサリアム上ではさまざまな種類のサービスが展開され、世界規模でのトークンエコノミーが構築されつつあります。

LINE Token economy

仮想通貨LINK(LN)やLINE Blockchainは、誰もが知るチャットツールを運営するLINEのグループ会社LINE Xenesisが運営しています。

LINEは、ブロックチェーン技術とLINEの8400万人のユーザーを巻き込んで大きなトークンエコノミーを構築しようとしています。

さいごに

この記事では、トークンエコノミーという概念について解説したのちに、ブロックチェーン技術や仮想通貨との関係性、トークンエコノミーの具体的な事例を紹介してきました。また、この記事の結論としては以下のようにまとめることができます。

トークンエコノミーとは、代替通貨経済のことを指し、法定通貨の代わりに商品などの価値を持つ物と交換できる通貨が生み出す経済圏のことを指します。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。


タイトルとURLをコピーしました