DeFi新しい経済

Kanga Exchange(KNG)とは?特徴や将来性を分かりやすく解説。

DeFi
コインチェック

この記事では、Kanga Exchange(KNG)という取引所とそれが発行する仮想通貨KNGについて解説していきます。

まず、最低でもこの記事ではKanga Exchangeとは、

日常生活での仮想通貨の広範な採用を促進および促進するように設計された、急速に成長しているフィンテックツールおよびサービスのエコシステム

のことであると覚えてください。

実際に、日常で仮想通貨が使いやすいように、仮想通貨で買い物がしやすいようにデビットカードを作ったり、本人確認(KYC)がなくても取引所の口座開設ができるようにしています。

労働者マン
労働者マン

この記事は、経済オタクで仮想通貨にハマっている労働者マンが解説します

この記事でわかること
  • Kanga Exchange(KNG)特徴について知る事ができる
  • 仮想通貨KNGの将来性について知ることができる

Kanga Exchange(KNG)とは?

Kanga Exchangeについて解説していきます。

運営会社とチーム

運営会社はポーランドのKanga Exchangeという企業です。日常生活での暗号通貨の広範な採用を促進するように設計されたFinTechツールやサービスとそのエコシステムを提供しています。

ビジネスの中心は仮想通貨交換所です。その他に、暗号通貨ウォレットやオフラインの仮想通貨交換所などを提供している変わり種です。

Kanga Exchangeとは?
  • 運営会社はポーランドのKanga Exchangeという企業
  • 日常生活での暗号通貨の広範な採用を促進するように設計されたFinTechツールやサービスとそのエコシステムを提供

スラウェック(Sławek Zawadzki)ルーカス(Łukasz Żeligowski)によって2018年にローンチされました。

Sławek Zawadzki氏

彼らは。銀行機関向けのキャッシュフロー最適化システムの開発と実装、大規模な国際企業向けの構成可能なERPシステムの開発と実装などを手がけた経験もある、敏腕金融エンジニアです。

Kanga Exchangeについて

Kanga Exchangeは、簡単にいうと日常生活に仮想通貨をもっと便利に使えるようすることを目的に作られた仮想通貨取引所です(取引所はコチラ)。競合のバイナンスキラーとも目されています。

また、

  • KYC(本人確認)が不要でメールアドレスだけで世界中の人達が取引が可能である(登録はコチラ)
  • 実店舗を設けて現金化が可能(欧州限定)
  • サポートも電話などで対応可能になっている(欧州限定)

といった、これまでにはない特徴があります。ただ、身分証明書が不要などの点については、国によっては規制対象にもなるので、今後の動向には注目が必要です。

Kanga Exchangeの独特なところ
  • KYC(本人確認)が不要でメールアドレスだけで世界中の人達が取引が可能である
  • 実店舗を設けて現金化が可能(欧州限定)
  • サポートも電話などで対応可能になっている(欧州限定)

Kanga Exchange Token(KNG)について

KNGトークンは、KangaExchangeでの操作を決済するために使用されるユーティリティトークンです。イーサリアムブロックチェーン上に展開されているトークンです。

これらは取引所での運用や仮想通貨の交換だけでなく、

  1. IEOトークン化プラットフォーム(IEOはこちら)
  2. 支払いゲートウェイ、
  3. 暗号通貨で保護されたローン

など多くのサービスを提供します。これらのサービスを受けるには、KNGトークンでの支払いが必要があります。

また、のちに解説しますが、POSシステム(ステーキング)をすることで年利に加えて、日利も報酬を得ることができます。

また、10SET GEMという選ばれしプロジェクトにも選出されているトークンでもあります。

KNGトークンでできること
  • IEOトークン化プラットフォーム
  • 支払いゲートウェイ、
  • 暗号通貨で保護されたローン
通貨名/ティッカーシンボルKNG
時価総額5801位
開発者Sławek Zawadzki/Łukasz Żeligowski
運営企業Kanga Exchange
コンセンサスアルゴリズムPoS
Twitter公式アカウント
公式サイトtrade.kanga.exchange

Kanga Exchange(KNG)の特徴

一般人が使用しやすい仕組みを提供

Kanga Exchangeでは仮想通貨をオタクだけでなく一般の方にも使ってもらうことを目指しています。例えば、

  • 実店舗を展開しており、現金化がオフラインでできる
  • 本人確認(KYC)が不要でメールアドレスだけで口座開設できる
  • カスタマーサービスや電話対応の充実

といった特徴があります。実際に、こちら(trade.kanga.exchange)から登録ができますが本当に数秒でできてしまいます。

また、実店舗や電話対応に関しては本社のあるポーランド限定ですが、今後世界中に展開していくそうです。

KangaExchangeの特徴
  • 実店舗を展開しており、現金化がオフラインでできる
  • 本人確認(KYC)が不要でメールアドレスだけで口座開設できる
  • カスタマーサービスや電話対応の充実

デビットカードで買い物が可能になる

Kanga Exchangeは、仮想通貨を使用して、法定通貨との交換や買い物を可能にするデビッドカード(MasterCard)をローンチしました。

メンバーシップを維持するためのコストはわずか2.5 USDTで、ZEN.COMのアカウント価格は月額0.99ユーロで使用が可能です。

KNGと他の通貨の自動互換と流動性の高さ

Kanga Exchangeで操作を実行すると、手数料はクライアントの通貨で請求され、自動的にKNGに変換されます。

たとえば、ユーザーがBTCで手数料を請求される場合、KNGを購入する注文は、請求されたBTC金額の市場価格でKNG/BTC市場に表示されます。

イーサリアムブロックチェーン上に展開

KNGトークンは、イーサリアムブロックチェーン上に展開されています。

イーサリアムはスマートコントラクトという機能をブロックチェーン上に展開しています。これにより、イーサリアムブロックチェーン上にDeFiやDAppsなどが展開されました。

イーサリアムブロックチェーとは?
  • スマートコントラクトという機能をブロックチェーン上に展開
  • イーサリアムブロックチェーン上にDeFiやDAppsなどが展開

KNGは、ECR-20という規格に従い、通貨の発行量が制限されています。

ステーキングによる報酬獲得ができる

プルーフオブステーク(PoS)メカニズムにより、KNGトークン所有者は、KangaExchangにKNGトークンを預けることで、取引手数料からの利益を獲得することができます。つまりステーキングをすることができます。

所有者は、KNGを専用のPoSアカウントに預け入れます。そして、ステーキングした金額に比例した報酬を受け取ることができます(口座開設はコチラ)。

ちなみにPoSとは、トークンの保有量で取引の承認がなされるコンセンサスアルゴリズムのことです。PoWはビットコインやイーサリアムが採用しています。

Proof Of Stakeとは?

トークンの保有量で取引の承認がなされるコンセンサスアルゴリズム

さらに、Kangaは、KNGステーキングプールでの交換によって生み出された売り上げをKNG所有者全員に共有します。

CHECK
  • Kangaは、KNGステーキングプールでの交換によって生み出された売り上げをKNG所有者全員に共有
  • KangaExchangにKNGトークンを預けることで、取引手数料からの利益を獲得する

ちなみに売り上げは以下の公式で算出することができます。

PoS profit = KNGの支払手数料 ×ステーキングされたKNGの金額 / POSシステムにある全てのKNG

Kanga Exchange(KNG)の将来性

今後のKanga Exchangeの将来性は、各国の規制の動向がどうなっていくかにかかってくるでしょう。

現在は、東ヨーロッパでは規制が緩く、ポーランドでは展開できていますが、西ヨーロッパであるイギリスなどでは規制が強く、強みである本人確認が必要になってしまう可能性もあります。

また、今後当局が規制を強めていけば、他の取引所との差別化を図ることも難しくなるでしょう。

Kanga Exchange(KNG)の価格動向

価格動向を掲載しておきます。参考までにご覧ください。

さいごに

最後までお読みいただきありがとうございます。

Kanga Exchangeは

日常生活での仮想通貨の広範な採用を促進および促進するように設計された、急速に成長しているフィンテックツールおよびサービスのエコシステム

を提供していました。そのため、メールアドレスだけで登録できて、日常の買い物を仮想通貨でできる仕組みを作るなど、かなり変わり種の仮想通貨プロジェクトでした。

試しに使用してみるのも良いでしょう。(登録はこちら)


タイトルとURLをコピーしました