NFT新しい社会

NFT(非代替性トークン)とは?わかりやすく解説。

NFT
コインチェック

最近、NFTって言葉をよく聞きませんか?最近はニュースで取り上げられることも増えてきたNFT。

そこでこの記事では、そんな方たちのためにNFTの全体像について徹底的にわかりやすく解説していきます!

仕組みや特徴、NFTアート、仮想通貨との関係性など、この記事だけで全体像が掴めるように仕上げました

労働者マン
労働者マン

この記事は、経済オタクで仮想通貨にハマっている労働者マンが解説します

この記事でわかること
  • NFT(非代替性トークン)への理解が深まる
  • NFTに関する基礎知識が身に付く

NFT(非代替性トークン)とは?

ではまず、NFTってそもそも何なのか?についてわかりやすく解説していきます。

NFTとは、世界で唯一無二であることや、作成者、所有権などをデジタル上でせせ証明する仕組み

NFTというのは、非代替性トークン(Non-Fungible Token)の略称です。世界で唯一無二であることや、作成者、所有権などをデジタル上で証明する仕組みです。

この仕組みによって、

世界で唯一無二であるデジタルデータ

非代替性は、言い換えると替えが効かない、唯一無二のという意味になります。逆に代替性は、替えが効くということです。

法定通貨をはじめとする通貨や、フリー素材や国家が発行する通貨は、代替性が高い物の代表的な例です。一方で、ピカソの絵画や芸能人のサイン世界で唯一無二なモノの代表例と言えるでしょう。

この非代替性をブロックチェーンという技術で可能にしたのです。

NFTと暗号資産(仮想通貨)の違い

では、NFTは、仮想通貨や通常の通貨と何が違うのでしょうか?NFTはこれまでの仮想通貨や通常の通貨とNFTが代替不可能であるという点に違いがある。

仮想通貨は、Aさんが持っていてもBさんが持っていても同じモノであり、同じ価値を持っています。しかし、NFTはまずAさんが持っていたらBさんは所有することができません。

そのため、Aさんが持っているNFTとBさんが持っているNFTは違うものであり、同じ価値を持つことはないのです

NFT(非代替性トークン)の仕組みとブロックチェーン

NFTは、ブロックチェーンという技術によって唯一無二性が保証されています。ブロックチェーン自体は仮想通貨などに使われている技術になります。

NFT化される仕組み

デジタルコンテンツをNFT化すると、固有のIDであるトークンIDが発行されます。

このIDが固有のIDには、

  • 作成者
  • 所有者
  • 権利者
  • 取引履歴

などのデータが紐付けられます。これにより、作品が誰のもので、いくらで取引されたのかというのがわかるようになるのです。

ブロックチェーン

これの仕組み自体は、ブロックチェーン技術によって実現されています。

ブロックチェーンとは、取引履歴を暗号技術によって過去から1本の鎖のようにつなげ、正確な取引履歴を維持しようとする技術とされています。

ブロックチェーンは以下のように取引履歴が各ブロックに格納されて、それが鎖に連なっています。

NFTの場合も、NFTに関する取引の情報などが各ブロックに格納されていく仕組みになっています。

ブロックチェーンとは?
  • 取引履歴を暗号技術によって過去から1本の鎖のようにつなげ、正確な取引履歴を維持しようとする技術

NFTのこれまでの流れ

NFTがなぜここまで注目を浴びているのか。その理由をNFTの歴史から紐解いていきましょう。そうすることで、現在のNFTの位置付けについての理解が進むことでしょう。

CryptoPunksコレクションがリリース

NFTが技術的に可能になってから、その火付け役になったのは、Matt HallとJohn Watkinsonが2017年7月に実験的にリリースしたCryptoPunk(クリプトパンク)というプロジェクトです。

以下の写真が、CryptoPunkが出しているNFTアートです。ピクセル画像で、アルゴリズムでさまざまなバージョンが生成される点が話題になりました。リリース当初は無料で配布されていましたが、近年のNFTブームによって20万ドルほどに値上がりをしています。

CryptoPunk(クリプトパンク)引用:https://www.larvalabs.com/cryptopunks

最初のNFTバブルと冬眠期:CryptoKitties(クリプトキティーズ)

その後、カナダのゲーム会社DapperLabs(ダッパーラボ)が開発したCryptoKitties(クリプトキティーズ)が2017年11月にリリースされ、NFTはゲームという形でも話題になりました。

ユーザー同士がキャラクターを売買し、交配させることも可能でした。

初期には1200万円でトレードされたキャラクターもいました。NFT界における最初のバブルという事態でした。

しかし、2018年から2021年の間に暗号通貨界は冬眠期に入ります。Bitcoinなどの価格が大幅に下落したのです。

現在のNFT市場

冬眠期を超え、2020年からNFTビジネスへの関心が高まり始めています。

暗号資産の取引所やIT系企業にとどまらず、ゲーム会社や出版社などのNFT化できるコンテンツを持った企業がNFTビジネスに参入し始めました。

日本では、2021年以降に急激に注目度が上がっていることが、以下のGoogleトレンドのグラフからもわかります。

NFTキーワードの推移グラフ

この火付け役には、クリプトキティー開発元であるDapers Labsが、米プロバスケットリーグのNBAと提携してトレーディングカードゲームNBA Top Shotが大人気となったことがあげられます。

さらに、企業からの投資も活性化し始めます。LINEやメルカリ、GMOインターネットグループ、楽天、mixiなどの大手IT企業が、NFT取引所事業に2021年12月段階で本格参入しています。

この背景には、2020年段階ではグローバルでも400億ドル程度でした。しかし、2021年になり、市場が急拡大し日本でもNFTの活用が注目を集めるようになったのです。

NFT(非代替性トークン)の活用事例

NFTとして活用されている分野には、

  1. スポーツ
  2. アート
  3. ゲーム
  4. メタバース

などがあげられます。それぞれについて解説をしていきます

アート

NFTブームの火付け役となったのが、NFTアートです。NFTの唯一性をアートという分野に相性がよかったのです。その先駆けとなったのが LarvalLabs(ラルバラボス)社においてはじまった CryptoPunk(クリプトパンク)というプロジェクトです。

CryptoPunkの1つのキャラクターが2021年の1月に8000万円で取引されたことで世界中で話題になりました。また、8月にはクレジットカード会社で有名なVISAが同様に購入に踏み切ったことが大きな話題になりました。

スイスに本社を置くSuum Cuique Labs(スーム・クイック・ラボ)社によるプロジェクトであるHashMasks(ハッシュマスクス)も同様に話題になりました。

Hashmask
引用:https://www.thehashmasks.com/

引用:https://www.thehashmasks.com/

70名以上のクリエイターが8ヶ月の期間で作成した1万7000体のマスクにそれぞれ個性のあるデザインを施したものです(上記の写真参照)。

最も人気のあるHash Masksのキャラクターは7000万円近くの価値に達するものもあるそうです。

スポーツ

NFTはさらにスポーツの領域にも到達しています。スポーツ業界においては、トレーディングカードのNFT化やNBA Top shotのような得点シーンや選手のスキルを収めたNFTが大きな人気を博しています。

有名なものには、Sorareが挙げられます。2018年のフットサルチームとのライセンス契約を増やしています。小規模のチームとも契約を増やしており、コアなファンを喜ばせています。

 Sorare

実際の試合戦績がスコアに反映され、好きな選手を集めて作成したチームで、他のユーザーとランキングを競い合うというカードゲーム要素もあります。

従来のトレーディングカードに慣れ親しんでいる人や、若い人まで幅広いファンに支持されています。

ゲーム

ゲームの分野にもNFTは活用されています。これは先に説明したCryptoKItties(クリプトキティー)を火付け役として、現在ではさまざまなゲームが展開されています。

国産のNFTゲームとしては、2018年にMy Crypto Heros(マイクリプトヒーローズ)がリリースされ、イーサリアムベースのゲームとして世界一位を記録しました。

メタバース

NFTは、メタバースという分野と親和性が高く、NFTゲームを中心に展開されています。そもそもメタバースとは SF作家ニース・スティーブンスンによって提唱された概念です。意味としては、

インターネット上に構築された仮想の三次元空間アバターを用いて接続する環境です。

代表的なものとして、The Sandbox(ザ・サンドボックス)がメタバース×NFTゲームとして有名です。このゲームは、土地を購入してアバターで三次元空間の中を自由に動くゲームになります。

引用:The Sandbox(ザ・サンドボックス)

NFTが販売されているマーケットプレイス(取引所)とは?

NFTのマーケットプレイスとは?

NFTを一般人が入手するためには、マーケットプレイス(取引所)が必要になります。そもそもNFTマーケットプレイスとは企業やクリエイターが制作したNFTを購入し、ユーザー同士がそれぞれ保有しているNFTを取引することができる場所(プラットフォーム)になります。

現在は、海外の取引所であるOpensea(オープンシー)をはじめ、日本国内でも大手企業が取引所事業に参入しています。取引所によっては、NFT作品を出品する際に制限があるものや、決済方法などの大きく違う点があるので注意して選びましょう。

NFTの課題と将来性

ここまで、NFTについて解説してきました。しかし、NFTにはまだまだ課題が山積の状態です。特に問題と言われているのが、

  • トランザクションのスケーリング問題
  • NTFマーケットプレイス間の互換性の問題
  • 環境問題への配慮

といわています。

トランザクションのスケーリング問題

イーサリアムネットワークは、分散型の金融サービスの金融サービスになります。そのため、既存の金融のように中央銀行からなる階層型とは、違ったものになります。そのため、幅広くユーザーに人気を得ています。

そのため、イーサリアム上での取引件数がかなり多くなってしまい、手数料が高騰してしまうという問題があります。これをトランザクションのスケーリング問題と言います。

こうした問題に対して2016年頃からさまざまな企業や団体が技術研究がおこなわれています。特に、Ethereum Layer2と呼ばれる技術が話題になっています。この技術によってトランザクションのスケーラビリティ問題が解決できる可能性があると言われています。

NTFマーケットプレイス間の互換性の問題

2つ目は、NFTマーケットプレイス間の互換性の問題があります。イーサリアム上のマーケットプレイスはブロックチェーン上の独立した機能によって支えられています。

そして運営主体はそれぞれ独立しています。NFTを発行する際のNFTの規格が異なっていたり、売買手数料の比率がNFTマーケットマーケットごとに異なっています。 

そのため、互換性がマーケットプレイス間で担保されていないので、あるNFTマーケットプレイスで発行したNFTを他のNFTマーケプレイスで使用できない可能性があるのです。

また、売買手数料が異なるので、マーケットプレイスごとに利益率が異なってしまう可能性あるのです。

環境問題への配慮

ビットコインやイーサリアムやNFTはブロックチェーン技術を活用した資産です。このブロックチェーンの構築にはマイニングという作業を行う必要性があります。

しかし、このマイニングという作業は多大な電力消費が必要なため、環境に対して大きな影響を及ぼしていると言われています。ビットコインが消費している電力は、アラブ首長国連邦の一国が利用している電力と変わらないとも言われています。

これに対してイーサリアムでは現在新しいブロックチェーンシステムに移行すると言われています。これにより環境の負荷を軽減される可能性があると言われています。

  • イーサリアム上での取引件数がかなり多くなってしまい、手数料が高騰してしまうという問題がある
  • 互換性がマーケットプレイス間で担保されていない
  • マイニングという作業は多大な電力消費が必要なため、環境に対して大きな影響を及ぼしている

さいごに


タイトルとURLをコピーしました