DeFi新しい経済

仮想通貨FEG Token(ゴリラ)とは?概要や特徴、将来性をわかりやすく解説。

DeFi
コインチェック

この記事では、DeFiの課題を解決する可能性を秘めている仮想通貨FEG Token(ゴリラ)について解説します。

また、FEG Token(ゴリラ)とは

  • 「SmartDeFi」というプラットフォームを用いて、不正行為を撲滅する
  • DeFi特有の取引の複雑性を解消することを目的に作られた

である点だけ最低押さえていただけると良いと思います。最後まで読めば、FEG Token(ゴリラ)がどのような仮想通貨なのかが理解できるようになるでしょう。

労働者マン
労働者マン

この記事は、経済オタクで仮想通貨にハマっている労働者マンが解説します

この記事でわかること
  • FEG Token(ゴリラ)の特徴について知る事ができる
  • SmartDeFiの一例について知ることができる
  • FEG Token(ゴリラ)ってどんな特徴があるの?

FEG(ゴリラ)とは?

FEG(ゴリラ)は、Feed Every Gorilla(すべてのゴリラを養う)の略称でありゴリラをテーマにしたDeFiです。FEGは、DeFi(分散型金融)の課題を解決することを目的に作られました。

元々DeFi分野では

  • 多種多様な仮想通貨があり、共通規格化されておらず取引が複雑
  • セキュリティーの点や詐欺の点でリスクが大きい

といった課題がありました。こうした課題を解決するために分散型取引所であるFEGexやFEGtokenを提供しています。

FEGex:マルチチェーンで展開されるDEX

FEG(ゴリラ)は、FEGexというDEX(分散型取引所)をローンチしています。

このFEGexはイーサリアムブロックチェーンBinance Smart Chain(BCS:バイナンススマートチェーン)のマルチチェーンのDEX(分散型取引所)です。

ちなみにDEX(分散型取引所)とは、既存の取引所のように中央管理者がいなくても、ユーザー同士の取引が可能な取引所ですl。

DEX(分散型取引所)とは?
  • P2Pネットワークを導入した分散型の仮想通貨取引所
  • 仲介を挟まずユーザー同士での取引が可能

FeGexは、イーサリアムやBCSなどの複数のチェーンをブリッジすることで、DeFiサービス特有の煩雑な取引を、FEGexという一つのインターフェースに統一している点が特徴です。

今後、FEGでは、Fantom、Polygon、およびAvalancheなどのブロックチェーンにもブリッジをしていく予定です。

FEGexでは、2020年12月の時点で、ネットワークは200万人を超えるユーザーに対して推定2,990億ドルの取引を行っています。

FEGtoken

FEGexでは、ガバナンストークンとしてFEGtokenを発行しています。

FEGtokenを利用することで、コミュニティーの運営方針に関わることができます。運営に関わるとは、具体的には、提案や投票権として機能します。

FEGtokenは取引開始以降、大口保有者のいない非中央集権的な体勢を取っており開発側でなくコミュニティー主体で運営できるようにすることで、コミュニティーが望んだ決定を得られるようになるでしょう。

ガバナンストークンとは?
  • 分散型コミュニティーの運営方針に関わるためのトークンとして機能
  • 通常の仮想通貨としても売買することも可能

もちろん、FEGex自体は他の取引所にも上場されており、取引や交換をすることが可能です。

通貨名FEG Token
シンボル・単位FEG
価格¥0.0000003897
時価総額¥16,196,932,901.42
時価総額ランキング3378位
公式サイトFEGトークン – FEGエコシステム (fegtoken.com)

FEG(ゴリラ)の特徴

FEGの特徴として

  • 受動的収入
  • 取引の利便性の向上
  • セキュリティの強さ

といった3つの特徴があります。これらは、既存のDeFiの課題を解決することを目的にした

マルチチェーンによる取引の利便性の向上

先ほど述べたようにFEGtokenやFEGexは、イーサリアムとバイナンススマートチェーン(BCS)など複数のブロックチェーン(現在5つに拡張中)をブリッジしています(マルチチェーン)

これにより、DeFi特有の取引の複雑性を解消の可能性が広がりました。具体的には、単一のインターフェースで、複数の異なるチェーンにまたがる取引、ステーキングや貸付(レンディング)ができるようになりました。

例えばイーサリアム(ETH)とバイナンス(BNB)を交換する場合、どこかしらの取引所でトークンを交換する必要がありました。ただマルチチェーンにすることで、仮想通貨の交換やデータのやり取りをより迅速に行えるようになるのです。

最終的には、ユーザーがどのチェーンを使っているかも気にすることなくトークンを交換できるようなることが目指されます。

また、ブリッジするブロックチェーンの種類が増えれば増えるほど、多くの仮想通貨の交換の利便性が上がります。

マルチチェーンとは?
  • 複数のチェーンにまたがって交換ができるようになる仕組み
  • マルチチェーンによって、ユーザーがどのチェーンを使っているかも気にすることなくトークンを交換

今後、FEGでは、Fantom、Polygon、およびAvalancheなどのブロックチェーンにもブリッジをしていく予定です。

ホルダー(保有者)への還元による受動的収入

FEG Token(ゴリラ)は、取引にかかる手数料の一部をホルダー(保有者)に還元することで、ユーザーが受動的に収入を得られる仕組みを実現しています。

具体的な配分手順は以下の通りです。

  • トランザクション(購入や販売などのこと)から2%の手数料を徴収
  • 2%の手数料の半分(1%)をホルダーに還元

このような仕組みのため、数年前からFEG Token(ゴリラ)を保有していた人のほうが有利となります。

セキュリティの強み

元々、DeFi(分散型金融)には、大きな弱点がありました。それが、DeFiには様々な詐欺行為が横行しやすくなっているという点でした。

そこでFEGは、2022年2月にSmartDeFi ™という技術をFEGは取り入れ詐欺行為などのリスクに解決を図りました。これにより、SmartDeFi™は、単一のスマートコントラクト内で完全な金融システムの機能を自律的に提供します。

Feed Every Gorilla(「FEG」)トークンプロジェクトの主力暗号通貨ランチパッドであるSmartDeFi ™が稼働しました。ささSmartDeFi™は、投資家に比類のない保護をもたらす暗号技術の画期的な製品であり、企業、非営利団体、政府が安全に暗号通貨を立ち上げることができる最も費用効果が高く合理化された手段です。

「FEGからのSmartDeFi™– DeFi 3.0」
SmartDefiとは?

投資家がSmartDeFi™トークンを購入するとき、彼らは彼らの資金が盗まれることがないという保証するシステム

取引で詐欺行為が起こるリスクが前面に出てきてしまうと、投資初心者にとっては、参加自体を躊躇する原因にもなり、DeFiの定着を遅らせてしまいます。

こうした課題点を解決するためにFEG Token(ゴリラ)は「SmartDeFi」技術を利用することで、「詐欺」や「持ち逃げ」などの問題を解決するために立ち上げらました。

FEG Token(ゴリラ)を保有することのメリット

ここではFEG Token(ゴリラ)の特徴を4つ紹介していきます。

  • 「バーン(焼却)」で価値上昇を狙う
  • ガバナンストークンとしての役割を持つ

順番に見ていきましょう。

「バーン」で価格上昇を狙う

FEG Token(ゴリラ)はバーン(仮想通貨を焼却して使えなくすること)を実施しています。

バーン(廃棄)とは?

市場に流通する通貨一枚あたりの価値を高めることを目的に、暗号資産(仮想通貨)の発行・運営者が、発行済通貨を減らすこと

バーンをおこなうことで、仮想通貨供給を減らすことで、希少価値を上げて価格を上昇させるのが狙いです。

具体的な仕組みは以下のようになっています。

  • トランザクション(購入や販売などのこと)から2%の手数料を徴収
  • 2%の手数料の半分(1%)をバーンアドレスに送信

つまり、トランザクションで動いた資金の1%はバーンされるということです。

FEGexにてステーキングが可能

FEG Token(ゴリラ)はFEGEXという分散型取引所にてステーキングが可能となっています。

ステーキングとは、FEG Token(ゴリラ)を保有したリターンとして報酬をもらえる仕組みのことをいいます。

ステーキングとは?

DEXへトークンを預け入れることで、コミュニティーへの貢献の見返りとして、報酬を得ることができる機能

ステーキングをおこなう場合は以下の手順を踏む必要があります。

  1. FEGexでFEG Token(ゴリラ)を購入
  2. FEGexマイページ内の「Stake」を選択肢して任意の量をステーキング

ステーキングは、長期保有することで大きな利益をもらえる可能性があるため、おすすめの投資方法です。

FEG Token(ゴリラ)の今後の価格動向

FEGトークンのチャートを貼っておきます。参考までにご覧ください。

FEG Token(ゴリラ)の将来性

ここではFEG Token(ゴリラ)の将来性について解説していきます。

「動物トークン」の値動きに注目

FEG Token(ゴリラ)は「動物系トークン」に分類されています。動物系トークンには他にも以下のようなものがあります。

犬に関連するものが多いですが、トラや猫といった多様な銘柄も存在します。これらは2021年5月に「動物系トークン」の人気をうけていっせいに上昇しました。

動物系トークンは、価格が連動する傾向が強く、今後の将来性はFEGトークン以外のトークンもみてみる必要があるでhそう。

DeFi市場の今後に注目

DeFi市場の発展がFEG Token(ゴリラ)の値動きに影響を与えるといわれています。

FEG Token(ゴリラ)は今までのDeFi市場にとって革命的なプラットフォーム「SmartDeFi」を採用しているためです。

DeFiは管理者がいない銀行のようなもので、仲介者に払うコストがなく、アプリひとつでどこでも利用できます。

そのため、銀行口座を持たない貧困層やコストを抑えたい人へDeFiが広まれば、DeFi市場とFEG Token(ゴリラ)に好影響を与えるようになるでしょう。

CHECK
  • DeFi市場の発展がFEG Token(ゴリラ)の値動きに影響を与える
  • 行口座を持たない貧困層やコストを抑えたい人へDeFiが広まれば、DeFi市場とFEG Token(ゴリラ)に好影響を与える

FEG Token(ゴリラ)の買い方

ここではFEG Token(ゴリラ)の購入方法を4つの手順で解説していきます。

  1. 国内取引所でビットコインを購入する
  2. 海外取引所の口座開設をする
  3. 海外取引所にビットコインを送金する
  4. ビットコインでFEG Token(ゴリラ)を購入する

順番に見ていきましょう。

手順①国内取引所でビットコインを購入する

FEG Token(ゴリラ)を購入する場合、最初に国内取引所でビットコインを購入しなければいけません。

ここでは「コインチェック(CoinCheck)」を利用した方法を紹介します。

コインチェックの公式ホームページに移動し、以下の手順で口座開設を完了させましょう。

  1. 「会員登録」ボタンを押下
  2. メールアドレスとコインチェックで利用するパスワードを入力
  3. 重要事項の承認する
  4. 本人確認する
  5. 二段階認証を設定する
  6. 審査完了のメールが届くまで待つ
  7. 口座を登録する

口座開設が完了したら、入金をしてビットコインを購入しましょう。

手順②海外取引所の口座開設をする

現在、国内取引所でFEG Token(ゴリラ)を取り扱っているところはないので、海外の取引所を利用する必要があります。

今回は「gate.io」という海外取引所を使ったFEG Token(ゴリラ)の購入方法を紹介していきます。

gate.ioのホームページに移動したら、以下の手順で口座開設を完了させましょう。

  1. 公式サイト右上の「登録」をクリックする
  2. メールアドレスとgate.ioでログインするためのパスワードを入力する
  3. ログインパスワードとは別に、出金などに利用する「資金パスワード」を入力
  4. 届いたメールに記載しているURLを押下する
  5. ログインしてメールに記載された6ケタの数字を入力

以上でgate.ioの口座開設が完了します。

手順③海外取引所にビットコインを送金する

コインチェックで購入したビットコインをgate.ioに送金しましょう。

入金手順は以下の通りです。

  1. gate.ioにログイン後、右上の「Wallet」を押下する
  2. 「Depsit」を押下する
  3. リストからビットコインを選択する
  4. QRコードを読み取り送金する

以上で送金が完了します。

手順④ビットコインでFEG Token(ゴリラ)を購入する

ビットコインをgate.ioに送金できたら、取引画面に移行しましょう。

取引画面の「マーケット」を開くと、さまざまな通貨ペアが表示されます。

検索窓で「FEG」と検索すればFEG Token(ゴリラ)がでてくるので、押下します。

その後、注文方法・価格・数量を設定すればFEG Token(ゴリラ)を購入できます。

まとめ

FEG Token(ゴリラ)は、「SmartDeFi」というプラットフォームを用いて、「詐欺」や「持ち逃げ」を減らしたり、仮想通貨の煩雑な取引を減らすことを目的としたDeFi(分散型金融)をめざすプロジェクトです。

本記事ではFEG Token(ゴリラ)の特徴を4つ紹介しました。

  • 「SmartDefi」で不正行為ゼロをめざす
  • 「バーン(焼却)」で価値上昇を狙う
  • 非中央集権的で大口保有者がいない
  • ホルダー(保有者)への還元

FEG Token(ゴリラ)は「動物系トークン」のブームに反応することが多いです。今後の値動きのヒントをつかむためにもさまざまな動物系トークンの値動きも一緒に見ておくといいでしょう。


タイトルとURLをコピーしました