仮想通貨新しい経済

HOT(Holochain/ホロチェーン)とは?特徴や将来性をわかりやすく解説。

仮想通貨
コインチェック

この記事では、ホロチェーン(HOT:Holochain)と呼ばれるプラットフォームとそこで発行されている仮想通貨HOTについて、特徴や将来性について解説します。

まずこの記事ではHolochain(HOT)とは

  • 使用されていないコンピューターの容量を貸し出す、クラウドサーバープラットフォーム
  • Holochainで使用することのできる仮想通貨がHOTという
  • 次世代のブロックチェーン技術と言われている独自のHolochainという技術を使用している

という点について抑えていただければ良いと思います。詳細に関しては以下で解説をして行きます。

最後までお読みいただければと思います

労働者マン
労働者マン

この記事は、経済オタクで仮想通貨にハマっている労働者マンが解説します

この記事でわかること
  • Holochain(ホロチェーン:HOT)についての全体像を知ることができる
  • 次世代のブロックチェーン技術と言われているHolochainについて知れる
  • 仮想通貨のHOTについての将来性について知ることができる

Holochain(HOT:ホロチェーン)とは?

Holo(HOT:ホロチェーン)は、2017年にオーサー・ブロック(ArthurBrock)氏とエリックハリス(EricHarris-Braun)氏によってジブラルタルを拠点に設立されたホロチェーン財団によって運営されています。

現在はMatthew Schutte(マシュー・シュート)氏という人物が代表を務めています。

Holochainの、開発された理由には、中央集権的なインターネットの課題を解決することを目的に作られました。

公式HPには以下のように、インターネットの登場によってGAFAのような大規模な組織や、中国共産党のような政府に権力が集中する点に対して課題感を持っています。

インターネットは(中略)人々に答えない少数の大規模な組織の手に権力を委ねています。これは、個人、社会、惑星の健康に対する脅威です。

Holochain公式HP

それに対してP2Pというビットコインをはじめとする仮想通貨が採用するP2Pという通信方式を採用してサービスを展開しようとしています。

Holoは分散型アプリケーションを開発するプラットフォーム

そこで、ホロチェーン(HOT)は、高速で安全な分散型アプリケーションを開発するためのオープンソースフレームワークを提供しています。

そのために、サーバーに依存せずに、使っていないコンピュータの容量を貸し出すことで、効率的にユーザーがデータを使用することができる点が特徴です。現在は、サーバー企業が中央集権的なホストとなっていました。

ですが、ホロチェーン(Holochain)によって企業などの中央集権化されたサーバーなどをを使う必要がなります。

ホロチェーン(Holochain)ネットワークのユーザーは、高速・安価で多くのウェブアプリにアクセスできると同時に、ユーザー全員がホストになることができます。

企業が一方的にルールを指示したり一方的に変更したりすることがなく、共有されたルールのセットに相互に同意することによって実現するネットワークなのです。

仮想通貨HOTを発行

また、HOTは、ホロチェーン上でアプリケーションを提供したり、ストレージや処理能力を提供している人に支払われる仮想通貨です。

ホロチェーン上で作成するアプリケーションはビットコイン等のブロックチェーンよりもはるかに効率的と言われています。

さらに、マイニング不要なので電気を必要とせず、独自のエコシステムを構築しているのでイーサリアム等を使わずとも独自のトークンを作成することができます。

通貨名Holo(HOT)
シンボル・単位HOT
価格約0.82円
時価総額¥143,746,900,310
時価総額ランキング71位
公式サイトhttps://holo.host/

HOT(Holochain/ホロチェーン)はなぜ注目されているのか?

ホロチェーンがなぜ注目されているのか?

それは、現在のアプリケーションを抜本的に変えるようなHoloのシステムが今後将来性が期待できるからです。

仮想通貨全体の相場が停滞している現在でも、dAppsの開発は盛んに行われており、今後さらに多くのアプリケーションが公開されると見られています。

DAppsとは

中央管理者がいなくても稼働するアプリケーションサービスのこと

日本でもホロチェーンを使用したアプリも誕生しており、利用者数が増えることでHoloの認知度が一気に高まり、HOTの価格情報につながるはずです。

dAppsの多くはイーサリアムのプラットフォーム上で開発されていますが、今後Holoのプラットフォームを活用するケースも増えてくるかもしれません。

また、トランザクション処理も極めて高速であるため、さまざまな分野での導入が見込まれています。

Holochainの仕組み

Holochainは、先に説明したようにサーバーを利用せず効率的に計算リソースをネットワークに共有することで、ユーザー全員が分散型アプリケーションがホストになることができるP2Pプラットフォームです。

ここでは、それが実現可能な仕組みを解説します。

HoloとHoloPortで使用していないリソースをネットワークに提供

Holochainネットワークに参加するには、Holo(ホロ)というソフトウェアもしくはHoloPorts(ホロポート)というハードウェアを所有している必要があります。

Holoports

Holoとは、ユーザーのコンピューターをHolochainネットワークに接続するのに必要なソフトウェアです。HoloPortsは、同様の機能を持ったハードウェアです。

HoloPortsとは?
  • Holoネットワークに接続するために必要なハードウェア
  • 処理能力を提供する際のハブになる

HoloやHolo Portsを利用することで、コンピュータの余力の計算リソースをHolochainネットワークに提供することができます。

ユーザーは余力の計算リソースをHoloPortsやHoloを通して、ネットワークに提供することで、報酬としてHoloFuelを得ることが可能です。

報酬としてHoloFuelトークンがもらえHOTと交換可能

HoloFuel(ホロフュエル)は、Holochainネットワークでの計算能力を提供した報酬として提供されます。

HoloFuelは、ユーザーが提供したデータの帯域幅、ストレージ、および処理時間などの、「提供したデータの質」で評価され、それをもとに獲得することができます。

獲得したHoloFuelはプラットフォーム上で仮想通貨HOTトークンに1:1で変換することができ、HOT仮想通貨として利用が可能です。

Holo Fuelとは?
  • 処理能力をネットワークに提供した際の報酬としてもらえる
  • HOTと1:1で交換が可能

今後は、システム開発が進むめば、HoloFuel自体を取引所で売買できるようになる予定もあります。

Holochain Application(hApps)でアプリ開発ができる

Holochain Application(hApps:ホロチェーンアプリケーション)は、Holochain上に構築されている分散型アプリケーションです。アプリケーションとはLINEとかfacebookとかと同じようなイメージで大丈夫です。

ユーザーはネットワーク上でHolochain Application(hApp)を開発することや、アクセスすることが可能です。

開発では、Githubから入手できるプログラムを通してhAppを開発できます。さらに、Holochainでは開発者が開発する際に使用できるツールが提供されています。

hAppsとは?
  • Holochain上に構築されている分散型アプリケーション
  • ユーザーはネットワーク上でHolochain Application(hApp)を開発することや、アクセスすることが可能

先に説明した、ユーザーが提供した計算リソースは、Holochainで開発された分散型アプリケーションに提供されます。

HOT(Holochain/ホロチェーン)の特徴

ホロチェーンの特徴としてはどの様なものがあるでしょうか。

 主な項目としては、

  • 独自の分散型管理技術
  • 複数のサービスにまたがって開発
  • プログラム言語が汎用的

といった項目が挙げられます。

独自の分散型管理技術

ホロチェーンは、ブロックチェーンを利用していません。その代わり、Holochainという分散型管理技術を開発しています。

無数の端末(デバイス)が完全に独立した状態にあって、それが分散型の管理技術(Distributed Hash Table(DHT)によって繋がるという概念になっています

現在の所、ホロチェーンの一部の機能については中央集権的な管理がなされていますが、 将来的には完全に非中央集権的なシステムに移行する予定となっています。

また、Holochainでは、取引記録の固まり(ブロック)の生成時に、1つのブロックを 複数の人が協力して計算・承認する事によって処理速度を飛躍的に向上させる事に成功 しています。

CHECK
  • 複数の人が協力して取引を計算承認することで処理速度を向上させる
  • 無数の端末(デバイス)が完全に独立した状態にあって、それが分散型の管理技術(Distributed Hash Table(DHT)によって繋がるという仕組み

これによってホロチェーン(HOT)は

  • 25万件/秒以上と言う圧倒的な処理能力
  • 送金手数料が殆ど掛からない

というメリットを実現しています。

複数のアプリサービスにまたがって開発が可能なネットワークを提供

ホロチェーンでは、各々のユーザーが自分の使い易いアプリを作れる、或いは使い やすい形にアプリをカスタマイズできるシステムの実現を目指しています。

アプリケーション側の制限に得られる事無く自分で変換できると言うのです。今、みなさんが使っているアプリ(LINE)とかは一部を開発することが可能ですが、全ては改変できません。

ただ、hAppsの場合誰でもカスタマイズができてしまうのです。

サービスで利用されたデータはユーザーを中心に活用され、より利便性が高くカスタマイズが可能なアプリケーションを構築することが可能です。

プログラム言語が汎用的

現在、DApps(ブロックチェーンを使ったアプリケーション)の開発に最もよく使われている のはイーサリアムのプラットフォームです。

ところがイーサリアムの場合にはsolidityと言うかなりマイナーで且つ難易度の高い プログラミング言語が使われていると言う問題があります。

これに対しホロチェーンではJavaとかC言語と言った一般的なプログラミング言語を使って 開発をする事ができます。

プログラムコードを読める人、書ける人が圧倒的に多いと言う事は大きな利点と言えます。

HOT(Holochain/ホロチェーン)今後の価格動向

Holo(HOT)は現在、どのような価格動向となっているのでしょうか。

Holo(HOT)の2022年3月の価格の動きを見てみましょう。

出来高(24時間)¥16,9B -37.96%
流通している供給量¥173,3B HOT
上場来高値¥3,68
価格の変動率(1時間)-1.16%
価格の変動率(24時間)+5.35%
価格の変動率(7日間)+33.08%

国内取引所は利用者の利便性に注力しているコインチェックがおすすめです。

コインチェックは2014年から仮想通貨取引所を営んでいるいわば老舗の仮想通貨取引所であり、その運営ノウハウを活用して利用者にとって心地よい仮想通貨取引体験を提供しています。

HOT(Holochain/ホロチェーン)の将来性

ホロチェーンの将来性としてはどの様なものがあるでしょうか。

 主な項目としては、

  • トランザクション能力が高く、ほとんど手数料がかからない
  • 取引の処理速度が速い
  • 手数料が殆ど掛からない

といった項目が挙げられます。

トランザクション能力が高く、ほとんど手数料がかからない

Holoはトランザクション能力の高い仮想通貨で、ほとんど手数料がかからないと言ったメリットをもっています。このようなメリットはHoloのもつ独自のシステムからもたらされています。

Holoはブロックチェーンが採用されたビットコインなどの仮想通貨の持つ課題を解決するための仮想通貨ともいえます。

トランザクション数が増加しても、その処理スピードや手数料には影響しないという点から注目する人も多くいます。

日本での認知度はまだ低い

Holoの取引を行いたい場合は、日本国内での取り扱いがなく、海外の取引所で取引を行う必要があります。

そのため、Holoは大きなメリットがある仮想通貨ですが、日本ではまだまだ取引をしたり利用する人は少ないという現状があります。

こうした現状を変えるためにも日本にも日本ホロチェーン協会というのが設立されています。

理事長の言葉によると以下のような趣旨を述べています。

国内においてHolochain技術を普及させることが社会的問題解決に繋がると信じ、社会に貢献できると確認を得ました。Holochain技術体系を活用した安全で安心できるインターネット空間を実現するため、我々は日本ホロチェーン協会を設立しました。

日本ホロチェーン協会「理事長からのご挨拶」

今後、知名度が上がっていくことに期待です。

将来的には非中央集権型となる

現在、Holo上で開発可能な分散型アプリケーションのhAppsでは、一部の機能について中央集権的な管理がなされており、Holoが管理しています。

しかし、Holoに構築されているHolochain上でユーザーが自由にアプリ構築が可能で、将来的に非中央集権的になることが予定されています。

HOT(Holochain/ホロチェーン)の買い方

HOTは残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。

なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

  • Binance(バイナンス)
  • CoinEx(コインエクスチェンジ)
  • Oceanex(オーシャンエクスチェンジ)
  • HitBTC(ヒットビーティーシー)
  • BitMart(ビットマート)
  • HotBit(ホットビット)

Holo(HOT)を購入する場合は国内取引所を挟んで海外取引所で行う必要があります。

具体的な手順は次の通りです。

  1. 国内取引所でHolo(HOT)の取引ペアであるビットコインやイーサリアムを購入する
  2. ビットコインやイーサリアムを海外取引所に送金する
  3. 海外取引所でHolo(HOT)を購入する

Holo(HOT)の買い方

まずはバイナンスのスマホアプリを開きます。

アプリを開きましたら、画面右下の「ウォレット」をタッチします。

そうすると、このような画面が出てきます。

画面中央左に「仮想通貨を購入」とありますので、そこをタッチします。

そうすると、現金で購入という画面が出てきます。

今回は下の「クレジット/デビットカード」を選択します。

そうすると、このような画面が出てきます。

画面上部に「銘柄を検索」とありますので、「HOT」と入力します。

「HOT」を選択します。

そうすると、このような画面が出てきます。

画面右の「↓↑HOT」を選択します。

そうすると、このような画面になります。

今回は最低金額の「3400HOT」」を買いたいと思います。

3400HOTは日本円でいうと、現在のレートで2738円となります。

それでは、自分が買いたい金額を入力していきます。

今回は「3400」と入力します。

入力したら、「はい」をタッチします。

そうすると、決済方法を選択する画面になります。

今回は「カードで支払い」をしたいと思います。

画面右下の「新しいカードを追加」をタッチします。

そうすると、このような画面になります。

確認したら、画面下の「開始」をタッチします。

そうすると、このような画面になります。

スクロールして「確認」をタッチします。

そうすると、このような画面になります。

確認したら「OK」をタッチします。

そうしますと、カード情報を入力する画面になります。

名前、カード番号、有効期限を入力します。

入力したら、「次」をタッチします。

続いて、請求先住所を登録します。

住所、郵便番号、市、国名を入力します。

入力したら「確認」をタッチします。

そうすると、注文確認画面が表示されます。

画面下の「確認」をタッチします。

そうしますと、処理中画面になります。

画面が切り替わるまで、お待ちください。

これで、HOTを買うことができました。

画面中央の評価を入力します。

評価を入力したら、画面下の「ウォレットを表示」をタッチします。

自分のウォレットを確認しましょう。

これで無事にHOTの購入が完了したことが分かります。

さいごに

今回はホロチェーン(Holochain/HOT)について解説してきました。

ホロチェーン(Holochain/HOT)は高い将来性の割に、まだまだ取扱取引所が少ないのが現状です。今後、新たな取引所で取り扱いが始まることで、価格が高騰する可能性があります。

ホロチェーン(Holochain/HOT)は2022年3月現在で0.8円くらいと手ごろな価格なので、買いやすい今のうちに30,000円分くらいを先行投資しておくと将来爆上がりするかもしれません。

なおホロチェーン(Holochain/HOT)は今のところ、海外取引所でしか購入できないのでBINANCEで口座開設をしておきましょう。

海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

なので、ホロチェーン(Holochain/HOT)を買いたいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。


タイトルとURLをコピーしました