仮想通貨新しい経済

USD Coin(USDC)とは?特徴や将来性についてわかりやすく解説。

仮想通貨
コインチェック

この記事では、ステーブルコインの二番手であるUSDコイン(USDC)について解説していきます。

USDコインは、同じステーブルコインのTether(USD)の対抗馬としても注目され始めています。

この記事では最低でも、

  • イーサリアムベースの米ドル連動型のステーブルコイン
  • CoinbaseとCircleによって設立された組織Centreが運営主体
  • 信頼性の高いステーブルコイン

という点を抑えておいてください。

労働者マン
労働者マン

この記事は、経済オタクで仮想通貨にハマっている労働者マンが解説します

この記事を読むメリット
  • USDコイン(USDC)っていう仮想通貨の特徴を知れる
  • USDコイン(USDC)の将来性や買い方を詳しく知ることができる
  • 仮想通貨投資で重要なUSDコイン(USDC)を知ることができる

USDコイン(USDC)とは?

USDコインの概要と、運営主体Centre社について解説します。

運営主体はCentreという共同事業体

USDコイン(USDC)は、Centre社が2018年に生み出した仮想通貨です。Centreは、サークル社とCoinbase社等をメンバーとした共同事業体です。

Center社は、オープンで信頼できる金融システムを作り出すことに寄与することを目的に立ち上げられました。その一環として生み出されたのがUSDコイン(USDC)になります。

Circleは、大手フィンテック企業で、ゴールドマンサックス傘下の企業です。また、Coinbaseは大手取引所を運営する上場企業です。非常に社会的信用の高い企業軍団が運営主体になっています。

CHECK
  • USDコイン(USDC)は、Centre社が2018年に生み出した仮想通貨です。
  • Centreは、サークル社とCoinbase社等をメンバーとした共同事業体です。

ステーブルコインUSDC

USD Coin(USDC)は、ドルペッグのステーブルコインです。2018年から発行され、最初はイーサリアムのブロックチェーン上に展開していました。

その後、さまざまなチェーン上でも展開が可能な仮想通貨へと進化しています。

1USDT=1ドルで固定されています。現在流通するUSDCは、250億ドルを超えており、USDTに次ぐ最も利用されているステーブルコインです。

ステーブルコインとは、通常の仮想通貨に比べ、価格が安定している仮想通貨のことを指します。USDCの場合、米ドルの価格に連動して安定的に価格が変動する仕組みとなっています。

ステーブルコインとは?
  • 通常の仮想通貨に比べ、価格が安定している仮想通貨のことを指します。
  • USDCの場合、米ドルの価格に連動して安定的に価格が変動する仕組みとなっています。

USDCは大手会計事務所は、その保有されている現金や資産を確認し、準備高が発行しているステーブルコインの数と一致していることを検証し公表しています。

これにより、通貨としての信頼性を保証しています。

通貨名USD Coin
シンボル・単位USDC
価格128.50円
時価総額796億円
時価総額ランキング4位
ホワイトペーパーリンク
公式サイトcentre.io

USDコイン(USDC)の特徴

信頼性が高い

USDCは、Centre社という企業による中央集権的な管理の傾向が強い一方で、非常に信頼性の高い仮想通貨です。

USDCはステーブルコインであるため、価値の安定のために企業が管理する必要性が出てきます。

USD Coin(USDC)を運営する企業の一つのCircleはアメリカの大手証券会社のゴールドマンサックスが筆頭株主です。さらに、ニューヨーク州からBit Licenseという仮想通貨業許可証を獲得しています。

大手証券会社や当局からのお墨付きをもらっており、Tether(USDT)に比べても、信頼性は非常に高い仮想通貨です。

交換の媒介をする仮想通貨

USDCコイン(USDC)はドルにペッグされていることで、価格が安定しています。

そのため、投資対象として使われてることは少ないです。

  • 取引所間での資金の簡単な移動
  • 仮想通貨専用取引所での取引

で利用されることがほとんどです。

例えば、資金を別の取引所に移動させるときに、価格変動の大きい仮想通貨で持っているとリスクがあります。そこでUSDCに交換することでリスクを縮減することができます。

とはいえ、FX的な感じで投資対象として利用されることもあるそうです。

CHECK
  • USDCコイン(USDC)は主に交換を媒介するための仮想通貨として利用される
  • 取引所間の移動の際のリスクを縮減するために使われる

USDコイン(USDC)の仕組み

複数のブロックチェーン上に展開

USDコイン(USDC)は、複数のブロックチェーン上から発行されています。

2018年時点では、イーサリアム上のチェーンのみでしたが、その後、アルゴランド(ALGO)、ステラ(XLM)、およびSolana(SOL)などのチェーンで展開されています。

2021年以降、USDコイン(USDC)がサポート開始したチェーン
  • Avalanche(AVAX)
  • Celo(CELO)
  • Flow(FLOW)
  • Hedera(HBAR)
  • Kava(KAVA)
  • Nervos(CKB)
  • Polkadot(DOT)
  • Stacks(STX)
  • Tezos(XTZ)
  • Tron(TRX)

特に2021年頃から、マルチチェーン化を始めています。

マルチチェーン化によって、複数のDEX(分散型取引所)やNFT分野をはじめとするサービスで利用されるようになっていきます。

法定通貨担保型

USDコインの価値は、1USDC=1ドルとなっています。

このタイプは、法定通貨担保型ステーブルコインと呼ばれるものの一種です。

法定通貨担保型とは?

発行したUSDコイン(USDC)と同じ分だけ米ドルを準備金としてCentre社がデポジットするステーブルコインの一種

これが実現するのは、実際に発行したUSDコイン(USDC)と同じ分だけ米ドルを準備金としてテザー社が蓄えてているためです。

これにより、ステーブルコイン自体が無価値になった場合も、同額の法定通貨があるために信用が担保されるのです。

また、法定通貨担保型は、固定相場制などのようなかなり古い為替制度と同じような制度になっています。

固定相場制については国際マクロ経済の記事で解説しているのであわせてみてみてください。

公認会計事務所による監査が入ることで透明性を保証する

USDコイン(USDC)は、法定通貨担保型であるために、米ドルと発行したUSDCが同等であることで、価値の安定を実現していています。

そのためには、運営主体が、発行した通貨と同じ準備金を持っている必要があります。

この点の信頼性を担保するために、Cetre社は、定期的に米ドルの準備金を報告する必要があります。そこで、大手会計事務所GrantThorntonLLPの監査があり毎月それらの保有について報告しています。

CHECK
  • Cetre社は、定期的に米ドルの準備金を報告する必要がある
  • 大手会計事務所GrantThorntonLLPの監査があり毎月準備金の保有について報告しています。

USDコイン(USDC)の将来性

VISAの決済サービスを起点に決済手段や国際送金手段として普及していく

USD Coin(USDC)は現在VISAのネットワークに追加されています。

VISAはグローバル最大手の決済会社であり、VISAの決済ネットワークに入るということはそのグローバルなんネットワークを通してサービスを拡大することが可能なこと意味します。

そのため、USD Coin(USDC)は今後VISAネットワークを起点に決済手段や送金手段として普及していく可能性が高いです。

取引所で取引ペアとして普及していく

USD Coin(USDC)は取引所で取引ペアとしても普及していく可能性があります。

現在取引所ではUSD Coin(USDC)やTether(USDT)をドルの代替のような形で提供しており、ボラティリティの高い仮想通貨の交換先となっています。

今後仮想通貨取引所により一層USD Coin(USDC)が利用されることで取引量が増えていき、普及していくことが予想されています。

USDコイン(USDC)の価格動向

さいごに

この記事では、USDコイン(USDC)について解説してきました。

この記事では、最低でも以下の点は押さえておきましょう。

  • イーサリアムベースの米ドル連動型のステーブルコイン
  • CoinbaseとCircleによって設立された組織Centreが運営主体
  • 信頼性の高いステーブルコイン

現時点では、ステーブルコインの中では二番手となっていますが、今後、1番手のTether(USDT)に追いつく可能性もあると思います。


タイトルとURLをコピーしました