仮想通貨新しい経済

【初心者は買うな】仮想通貨ヘリウム(helium)とは?特徴や将来性をわかりやすく解説。

仮想通貨

この記事では、Helium(ヘリウム:HNT)というプロジェクトとのその仮想通貨について解説します。

まずこの記事では、Heriumu(ヘリウム:HNT)とは、

  • 分散型IoTの実現のために、ワイヤレスネットワークの提供を目指すブロックチェーンテクノロジープロジェクト
  • ネットワークのユーザーがもらえるトークン

であるということを抑えてください。また、Web3.0を目指す世界観の中で、セキュリティ性が高くプライバシーの保護が可能な新しいIoT実現する存在として注目を浴びています。

労働者マン
労働者マン

この記事は、経済オタクで仮想通貨にハマっている労働者マンが解説します

この記事でわかること
  • ヘリウム(helium:HNT)についての全体像を知ることができる
  • IoTへと広がるブロックチェーン技術の一例を知ることができる
  • 仮想通貨(暗号資産)の投資を始める上で知るべき基礎知識が身に付く

仮想通貨Helium(ヘリウム:HNT)とは

Helium(ヘリウム:HNT)は、IoT(モノのインターネット)デバイス用の分散型ブロックチェーンプラットフォームのことを指します。

ヘリウムは、ブロックチェーン技術を利用した分散型のIoT(モノのインターネット)を実現するプロジェクトです。

ヘリウム(HNT)とは?

IoT(モノのインターネット)デバイス用の分散型ブロックチェーンプラットフォーム

2013年に運営企業であるhelium社はアミール・ハリームらによって設立され、累計で5,300万ドル以上を調達しています。

herium社代表アミール・ハリーむ

のちに解説しますが、Helium(HNT)のメインネットを利用することで、IoTデバイスが相互に通信することができ、将来的にはIoT技術に大きな変革を起こす可能性を秘めています。

また、このヘリウムのメインネットのノードに参加している人に報酬として配布されるのがHNTという仮想通貨です。

通貨名helium(ヘリウム)
シンボル・単位HNT
価格28ドル2021年12月
時価総額28億円
時価総額ランキング56位
公式サイトwww.helium.com
ホワイトペーパーリンク

Helium(HNT)の特徴

ヘリウム(HNT)は、分散型IoT(モノのインターネット)を実現するために生み出された、P2Pワイヤレスネットワークです。

IoTとは?

モノのインターネットのことです。例えば、エアコンや家電、工場の設備などのモノがインターネットを経由して通信をする事で、これまでになく利便性が発揮されます。

ヘリウムが提供する分散型IoTは、既存のIoTのように中央集権的な管理ではなく、ユーザー同士によるネットワークの運営が可能になるということです。

これを実現しているのがP2Pという仮想通貨全般に使われている仕組みです。以下の図のように、中央が存在せず、網の目のようになっている通信形式のことを指します。

P2Pシステムを取り入れること、これまでのIoTにあったハッキングなどのセキュリティプライバシーの侵害などのリスクを、最小限に低くすることができるメリットがあります。

P2C自体は仮想通貨の記事でも解説しているのであわせてお読みください。

いわば、Web2.0のIoTからWeb3.0のIoTを実現することを目指すプロジェクトと言えるでしょう。

ヘリウムの仕組み

ヘリウム(HNT)は主にどのような仕組みを持っているのでしょうか。それはを語る上で以下の3つは最低限抑えておく必要があるでしょう。

  • Herium HotSpot(ヘリウムホットスポット)
  • Proof of Coveraage(PoC)
  • Helium LongFi

Helium Hotspot(ヘリウムホットスポット)

ヘリウム(HNT)は独自のIoTのネットワークを構築、拡大をすることが、事業拡大の上で必要になります。こうした背景もあり、ユーザーにHelium Hotspotと呼ばれるハードウェアルーターを提供しています。

Hot Spotに自宅のWiFiなどを共有してくれるユーザーが増えるほど、ヘリウムのネットワークを拡大する仕組みになっています。

また、Hotspotにネットワークを共有することで、ヘリウム(HNT)のブロックチェーン上で生成されるネイティブトークンHNTを報酬として獲得することができます。

また、獲得の裏には、マイニングをHotspotが勝手にやってくれます。そのため、Hotspotの所有者は何もする必要がないのです。

こうしたインセンティブをユーザーに提供することで、ネットワークを拡大を狙っているのです。

CHECK
  • ユーザーにHelium Hotspotと呼ばれるハードウェアルーターを提供
  • ヘリウム(HNT)のブロックチェーン上で生成されるネイティブトークンHNTをインセンティブとしてネットワーク拡大を狙う

Proof of Coverage(PoC)

ヘリウム(HNT)は、Helium Blockchainという独自の分散型台帳技術をもとに展開されています。

ヘリウムのブロックチェーンは、Proof of Coverage(PoC)というコンセンサスアルゴリズムを適用しています。

PoCとは、独自のアルゴリズムを使用して、Hotspotが設置されている場所を暗号化した形で検証して、正しいかどうかを検証するという仕組みになっています。

Proof of Coverageとは?

Hotspotが設置されている場所を暗号化した形で検証して、正しいかどうかを検証するという仕組み

Heliumブロックチェーンは、「Proof of Coverage」(PoC)と呼ばれる新しい作業アルゴリズムを使用して、ホットスポットが配置されている場所特定します。つまり、PoCは、ホットスポットがその場所とその場所から作成しているワイヤレスネットワークカバレッジを正直に表していることを継続的に検証しようとします。

著者和訳:ヘリウム公式HP

ビットコインなどの仮想通貨などは、PoW(Proof of Work)というコンセンサスアルゴリズムを使用してました。これは、マイニングを専用のコンピューターを利用して、一番最初に暗号を解読した人に報酬が支払われました。

ただPoCの場合は、マイニング自体はHotspot自身が行うという点が特徴的です

CHECK
  • ヘリウム(HNT)は、Helium Blockchainという独自の分散型台帳技術をもとに展開
  • Proof of Coverage(PoC)というコンセンサスアルゴリズムを適用

Helium LongFiというデータ転送システムを保有している

Helium(HNT)はHelium LongFiという独自のデータ転送システムを提供しています。

LoRaWANワイヤレスプロトコルとHelium Blockchainを組み合わせることで、あらゆるLoRaWANデバイスからヘリウムネットワークを通してデータを転送することを可能にします。

このことによって利用者は追加開発不要で自由にネットワークを組み合わせ、データを転送することが可能となります。

Helium LongFiはローミングの機能や既存のLoRaWANデバイスとの互換性も提供しているため、利用者はより広くデータのやり取りを行うことができます。

Helium(HNT)の価格動向

現時点でのヘリウム(HNT)の価格は以下のようになっています。

ヘリウム(HNT)は2021年以前までは、価格自体は停滞気味でした。

しかし、2021年後半にかけてDeFiブームの流れで、アルトコイン市場の人気の高まったことを背景に、ヘリウムは大きく値上がりました。

Helium(HNT)の将来性

IoT市場の拡大

まず、ヘリウム(HNT)は、分散型IoTを実現することを目的としたプロジェクトでした。そのため、今後のIoTの拡大は、今後のヘリウム(HNT)の動向を左右すると言えるでしょう。

現時点で、日本国内ですとIoT端末は、2023年代には340億台になるとも言われております(総務省資料)。そのため、今後のこのIoTの成長のなかで、ヘリウム(HNT)の未来も明るいと言えるでしょう。

投資家からの大規模な資金調達

また、ヘリウム(HNT)は、多くの投資家やVC(ベンチャーキャピタル)から大規模な資金調達に成功しています。ここからも、市場からもかなりの期待が寄せられていることがわかると思います。

  • シードラウンド(2013年11月): 280万ドル
  • シリーズA(2014年12月)   : 1,600万ドル
  • シリーズB(2016年4月)   : 2,000万ドル
  • シリーズC(2019年6月)   : 1,500万ドル

Helium Tabsという新サービスを提供

Helium(HNT)はHelium Tabsという新サービスを提供しています。

このHelium TabsはPeople’s networkというネットワークによってIoT化を促進することを目的に展開されています。

Helium Tabsを活用することでモノやペットなどが追跡可能となり、IoTが加速すると考えられます。そして、こうしたサービスの展開が上手くいくかで、将来性は左右されるでしょう。

Helium(HNT)の買い方

Helium(HNT)を海外取引所で購入するためには、Helium(HNT)を購入することができるHelium(HNT)の取引ペアを国内取引所で購入する必要があります。

そして取引ペアで海外取引所でHelium(HNT)を購入します。

Helium(HNT)の購入手順をまとめると次の通りになります。

国内取引所でHelium(HNT)の取引ペアを購入する

まず国内取引所でHelium(HNT)の取引ペアを購入します。

Helium(HNT)の取引ペアは大抵ビットコインやイーサリアムであることが多いため、ビットコインやイーサリアムを購入します。

国内取引所はシンプルで購入手順がわかりやすいコインチェックがおすすめです。

Helium(HNT)の取引ペアを海外取引所に送金する

次に国内取引所で購入したHelium(HNT)の取引ペアを海外取引所に送金します。

送金するには送金先の海外取引所の受け取り口座のアドレスを国内取引所の送金先に登録します。

アドレスを間違えると送金した仮想通貨が着金しませんので注意しましょう。

海外取引所でHelium(HNT)を購入する

最後に取引ペアを送金した海外取引所でHelium(HNT)を購入します。

これでHelium(HNT)の購入は完了です。

さいごに

Helium(HNT)は世界初のP2Pワイヤレスネットワークを目指すプロジェクトです。まとめると以下のようになります。

  • 利用者(ノード)は自分のネットワークを共有することで報酬としてHNTトークンを受け取ることが可能であること。
  • アルトコインの市場価格に影響を受けて価格が上下する傾向にある
  • 今後はHelium(HNT)の新サービスや企業提携によって価格が上昇する可能性がある。

タイトルとURLをコピーしました