経済思想

【図解】市場経済と計画経済とは?その違いは?イラストでわかりやすく解説。

経済思想
コインチェック

市場経済とはなんなのか?計画経済とはなんなのか?聞いたことがあるけどよく意味がわからない。なんて方がいるのではないでしょうか。

そこで、この記事は、市場経済と計画経済の意味と、違いについて解説します。

経済学の知識がなくても理解できる内容となっています。知識をつけたいビジネスマンなどに読んでいただけたら嬉しいです

この記事で得られること
  • 市場経済とは何か理解できる
  • 計画経済とは何か理解できる
  • 市場経済と計画経済の違いを理解できる

市場経済とは?

市場経済とは何か?簡単にいうと、個人が自由に取引をする中で、価格を基準に需要と供給が一致するような経済制度のこと指します。

社会には生産者消費者という二種類の個人がいます。彼らは自分たちの欲望を最大化するために行動します。

この欲望を満たすために、彼らは自由に市場で取引をします。そこでは、価格調整メカニズムというものが働きます。このメカニズムによって社会に適切に資源が配分されます。

こうした市場原理によって、人々が自由に市場で取引されるのです

価格調整メカニズムとは、価格のという財・サービスの価値の基準が変動するなかで、需要と供給が一致し適切に富が適正に分配される仕組みのことを指します。

これが市場経済です。これは、資本主義経済の基本をなすものになります。

ちなみに市場原理を正しいと最初に唱えた人物はアダムスミスという人物です。市場経済という経済制度にしておけば、経済は良くなると唱えたのです。別名を自由放任主義とも言います

CHECK

市場経済個人が自由に取引をする中で、価格を基準に需要と供給が一致し社会に富が適切に配分されるような経済制度

計画経済とは?

計画経済とは国家によって市場を統制するような経済制度のことを指します。基本的に、市場での自由な取引よりも政府の計画のもと生産が行われるような社会です。

ソビエト連邦や中国などの社会主義国家がこのような制度を採用しています。

こうした社会を正当化した人物がカールマルクスです。彼は、アダムスミスのいうような市場経済に対して徹底的に批判を行いました。マルクスは別の記事で解説しているので合わせて読んでみてください。

CHECK

計画経済国家によって市場を統制するような経済制度

市場経済と計画経済の違い

市場経済と計画経済は、所有権という点において違いがあります。

市場経済では、個人に所有権が認められます。そのため、市場での自由な取引が可能になります。そのため、民間企業が競争を行うことがあります。

ヨーロッパやアメリカ、日本などが市場経済を採用しています。市場経済は、人々が自由に動くことができますが、格差が生まれやすい経済制度というデメリットがあります。

一方で計画経済では、労働力以外の生産手段を政府が所有します。そのため民間企業ではなく官営企業が生産を行います。

ソビエト連邦や中国などがこのような制度を採用しています。計画経済は、人々が基本的には経済的に平等です。しかし、計画経済は独裁体制をもたらし人々の自由を奪ってしまうというデメリットがあります。

自由平等
市場経済×
計画経済×
CHECK
  • 市場経済では、個人に所有権が認められます。
  • 計画経済では、労働力以外の生産手段を政府が所有

さいごに

最後まで読んでいただきありがとうございます!

この記事をきっかけで少し経済学について理解を深めたいと思った方は、以下の書籍から初めてみるのがおすすめです!

それは、スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編・マクロ編です。

こちらはミクロ経済学に関して難しい数式を使うことなくわかりやすく説明してくれています。


タイトルとURLをコピーしました