【イラスト図解】市場の失敗とは?わかりやすく解説。| かんたんなミクロ経済学

かんたんなミクロ経済学 市場の失敗 とは? ミクロ経済学

この記事では市場の失敗について解説していきます。

・外部性
・費用逓減産業
・公共財
・不確実性
・情報の非対称性

などが挙げられます。

ミクロ経済学に関してまだ理解が深められていないという方はこちらの記事も合わせて読んでみてください。

この記事でわかること

・ミクロ経済学の全体像がつかめる
・市場の失敗の概要をつかめる

市場の失敗とは?

経済学では、効率的に財・サービスが行き渡る完全競争市場が理想とされていました。しかし、不完全競争市場のところでも見たように、実際にはうまくいくことはありません。こうしたうまくいかないことを市場の失敗と言います。

具体的には

・外部性
・費用逓減産業
・公共財
・不確実性
・情報の非対称性

といったものが挙げられます。それぞれ以下で詳細に解説していきます。

外部性

外部性とは?

 ある経済主体の行動が他の経済主体の意思決定に影響を及ぼすことを外部性(externality)といいます。外部性にも種類があります。

・外部不経済
・外部経済

また、前者が経済主体にとって不利に働くもので、後者が有利に働くものです。このように、外部性には負の側面を持つものとプラスの側面を持つものがあるのです。外部不経済の例として、公害があります。これは、工場から流れた汚染水によって、川下の住民に被害が及ぶものがあげられます。

一方で、外部経済の例としては養蜂場と果樹園があります。ハチの受粉によって果樹園は作物の繁殖が可能になりますし、養蜂場はミツを得ることができます。

私的限界費用と社会的限界費用

外部性を分析する上で、費用面に関して注目する必要性があります。特に、社会全体と企業の立場から見た費用を分けて考える必要性があります。

 そこで、限界費用(MC)は二つに分けることができます。
私的限界費用(PMC)
社会的限界費用(SMC)
です。前者は外部性を考慮しない限界費用。つまり、企業からみたな費用。後者は外部性を考慮した限界費用。つまり、社会全体からみた費用になります。この私的限界費用と社会的限界費用の大小が外部経済か外部不経済を分けることになります。

外部不経済

 外部不経済の場合、社会的限界費用(SMC)>私的限界費用(PMC)となります。以下のグラフを見ながら解説していきます。

個人が自分の利益のみを追求し、社会への被害を無視して行動した結果、社会に不利な影響を及ぼした場合が外部不経済でした。

これを個人の視点から見た場合の利潤最大化条件
・価格(P)=私的限界費用(PMC)
となります。このときの市場均衡点は、需要曲線と私的限界費用(PMC)曲線の交点になります。
 これに対して、社会全体から見たときの資源配分は、需要曲線と社会的限界費用(SMC)曲線の交点になります。


 これらに対して、余剰分析をおこなうと、社会全体のコストを負わず、低い限界費用のもとで生産していることがわかります。青い領域が外部不経済に相当します。また、外部不経済の場合、ポテンシャル以上を企業が発揮しているため過剰生産になります。

外部経済


 外部経済の場合、私的限界費用(PMC)>社会的限界費用(SMC)となりまます。

 外部不経済の場合と同様に、企業は社会のことを考慮に入れず生産を行います。企業か実現した利潤最大化条件は、
・価格(P)=私的限界費用(PMC)
です。市場均衡点は需要曲線と私的限界費用(PMC)曲線の交点です。


社会全体からみてのぞましいパレート効率的な資源配分は、需要曲線と社会的限界費用(SMC)曲線の交点で実現します。このとき、総余剰が最大となります。企業は社会全体からみると高いコストで生産をしていることになります。
そのため、もっとポテンシャルがあるにも関わらす生産ができていない過少生産の状態になってしまします。

ピグー的政策

このように、外部不経済の場合、過剰生産に外部経済の場合には過少生産になります。これは効率的な資源配分ができていない状況となっています。これを修正するのは政府の役目になります。

外部不経済の場合、過剰生産に対して、必要なコストを「租税」の形で課すことによって、私的限界費用(PMC)を社会的限界費用(SMC)まで上昇させます。環境税がそれにあたります。これをピグー税といいます。

また、外部経済の場合は過少生産になっています。この場合、補助金を出すことで生産を促進します。これにより、私的限界費用(PMC)を社会的限界費用(SMC)まで下げます。

コスト均衡点ピグー的政策
外部不経済SMC>PMC需要曲線とPMC曲線の交点租税
ピグー税
外部経済SMC<PMC需要曲線とSMC曲線の交点補助金
ピグー的補助金

費用逓減産業

費用逓減産業とは?

 電気・ガス・水道などの社会的なインフラは、財・サービスの供給を開始する以前に莫大な設備投資が必要になってきます。こうした産業は、固定費用(FC)が多くかかります(別記事の生産者理論のところで言及)。

費用逓減産業とは何か?それは、固定費用(FC)が大きいため、生産を増加させるたびに平均費用(AC)が減少する産業のことを指します。

 より詳細に解説します。生産量1単位あたりの固定費用(FC)を平均固定費用(AFC)といいます。平均固定費用(AFC)は固定費用(FC)÷生産量(Q)と分解することができます。そのため、生産量が増加するにつれて平均固定費用(AFC)は減少していきます。
 電気やガスなどの産業は総費用(TC)に対する、固定費用(FC)割合が大きいです。そのため、生産量が増えるにつれて平均費用(AC)も減少することになります。

これらの、産業は市場原理に任せていると独占企業へと成長していきます。

自然独占

費用逓減産業は市場原理に任せていると、独占産業になってしまします。これを自然独占と言います。

 独占状態なので、利潤最大化条件は限界収入(MR)=限界費用(MC)になります。この自然独占には、社会全体でみると厚生損失を生み出してしまいます。費用逓減産業は、人々の生活に必要不可欠なものを生産することが多く、政府が補助金や租税によって規制する必要性があります。

公共財

公共財とは?

公共財には、国防・警察・消防などがあります。民間の企業が供給するには難しいものが多く含まれます。こうした、政府が供給するサービスを公共財といいます。

 公共財の特徴には
非競合性
非排除性
の二つがあげられます。この特徴について以下で詳しく解説していきます。

非競合性

これに対して、公共財については、消費者間で競争はおこなわれません。このことを、消費の非競合性といいます。

非排除性

 公共財は、対価を支払わない消費者であっても利用が可能です。このことを消費の非排除性といいます。また、こうした公共財を対価を支払わずに利用する消費者をフリーライダーといいます。

不確実性

不確実性とは?

将来の予測を事前に立てることができないことを不確実性と言います。簡単に言えばリスクなどがそれに該当します。

期待効用

期待効用とは、予測される効用という意味です。経済学では、期待は予測とほぼ同じ意味で使われています。FIREを目指して資産投資をする人は近年増えています。彼ら投資家たちは、確実に得られる効用と不確実性の高い期待効用を比較して行動しています。

また、期待効用(EU)は、効用(U)に期待が実現する確立(P)をかけたものです。

期待効用の求め方
期待効用(EU)=効用(U)×実現する確立(P)

また、投資に対して冒険的な人もいれば保守的な人もいます。これを経済学では、慎重順に危険回避的>危険中立的>危険愛好的と分類しています。

先ほども述べたように、投資家などは不確実性の高い期待効用と確実な効用を比較して消費を決定します。(以下の表参照)

行動分類行動リスクプレミアム
危険回避的期待効用<確実な効用
危険中立的期待効用=確実な効用±0
危険愛好的期待効用>確実な効用

危険回避的な人は、株にしろ、債券にしろなかなか購買にいたらないので、こうゆう人が増えると社会全体の生産性は下がることになります。

また、確実な所得を獲得するために支払ってもよいと考える保険料や手数料のことをリスクプレミアムと言います。これも、行動の分類によって異なってきます。(上記表参照)

情報の非対称性

情報の非対称性

 売買をおこなう経済主体の間で財・サービスに関する品質の点で情報の格差が存在することを、情報の非対称性といいます。

それが
逆選択(アドバースセレクション)
道徳的危険(モラル・ハザード)

です。以下で詳細に解説していきます。

逆選択(アドバース・セレクション)

 品質の良い財が市場から排除され、品質の悪い財が市場で選択されるようになるケースを逆選択(アドバース・セレクション)といいます。

たとえば、中古車市場がそれにあたります。中古車の品質に関しては売り手の方が持っているケースが多いです。その際に、品質の悪い車ばかりを高い値段で売ろうとするでしょう。こうした行動の積み重ねは、が品質の悪い自動車を市場に溢れさせることになります。


この解決策として、バイヤーが品質について情報を発信するシグナリング(シグナル)があげられます。具体例として、労働市場における資格などがそれにあたります。

道徳的危険(モラル・ハザード)

 もう一つがモラルハザードです。モラルハザードにおける経済主体として依頼人(プリンシパル)と代理人(エージェント)があります。
サービスを受ける側を依頼人(プリンシパル)
サービスを提供する側を代理人(エージェント)
といいます。

この場合も、サービスに対する知識は代理人の方が持っているケースが多いです。この時に依頼人が代理人の行動を把握することは難しくなります。たとえば、営業マンなどがそれにあたります。外回りと称してパチンコをしてる営業マンはよく見る光景です。こうした行動を把握することは、難しくなります。

こうした、依頼人が知識の格差によって経済的不利益を被ることを道徳的危険(モラル・ハザード)と言います。

これに対する対処小として、インセンティブ(誘引)を与える契約をすることである程度防止することが可能になります。具体例として、歩合給などにすることでやる気を引き出すケースなどはそれにあたります。

さいごに

経済学のおすすめの本
経済学のおすすめの本

もう少し経済学について理解を深めたい方は以下の書籍から初めてみるのがおすすめです!

それは、スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編・マクロ編です。こちらはミクロ経済学に関して難しい数式を使うことなくわかりやすく説明してくれています。経済学に触れてみたい!なんて方は、まずこの本からスタートしてみるのもアリだと思います!まずはミクロ編から読んで、マクロ編に移動するのが定石でしょう!

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編
ティモシー・テイラー (著), 池上 彰 (監訳), 高橋 璃子 (翻訳)

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編
ティモシー・テイラー (著), 池上 彰 (監訳), 高橋 璃子 (翻訳)

ここまで読んだら、次に『スティグリッツ入門経済学』を読んでみるのもアリだと思います。ですが、正直、信じられないくらい分厚いので覚悟は必要かもしれません。しかし、この本を読めば経済学という学問の全体像を知ることができるのでオススメです。

スティグリッツ入門経済学 第4版
ジョセフ E.スティグリッツ (著), カール E.ウォルシュ (著)

コメント

タイトルとURLをコピーしました