【イラスト図解】貨幣-債券市場とは?わかりやすく解説。|わかりやすいマクロ経済学

かんたんな経済学 貨幣-債券市場 とは? マクロ経済学

この記事では、おカネを売り買いする市場である貨幣市場と債権市場について解説をしていきます。

マクロ経済学は経済を以下のヒト・モノ・カネに分類しします。このうちのカネを取り扱うのが貨幣-債券市場になります。

マクロ経済の全体像
マクロ経済の全体像
この記事で得られること

・マクロ経済の基本的な知識

・乗数効果やインフレ、デフレの知識

貨幣市場と債券市場

資産市場とは?

お金は、サービスや財の売り買いの際に使用されルものです。お金のメリットとしては、どんな商品とでも交換できるという点があります。しかし、これは財市場におけるお金の役割です。資産市場ではお金を使ってお金を増やすことができます。

資産市場とは、貨幣と債券が交換される市場のことです。お金を払って株を購入することがあげられるでしょう。

貨幣の役割

貨幣(money)には3つの役割があります。まず、

②交換手段としての役割があります。

①は財やサービスの価値を表す役割があることを指します。②は財と交換する手段としての役割のことを指します。また、②のような役割があることから、貨幣は流動性ともよばれます。③は貨幣は貯蔵が可能であるということです。貨幣は腐りませんし古くもなりません。

債券の役割

 債券(bond)とは、政府や企業がお金を集めることを目的として発行する借用証明書のことです。ようは借金です。例えば国債や社債のことです。

もちろん借金ですので利息がつきます。政府は潰れることがないので、企業の株式を購入するのに比べ、国債は安全な資産運用のやりかたといえます。

利息がつくことと、比較的安全なことから、債権自体が売り買いの対象になります。しかし、貨幣と違い、財やサービスと交換することはできないので注意です

利子率とは?

手もとに貨幣を所持していないときに貨幣が必要となった場合には債権を発行をします。その際に対価を支払う必要があります。これが利子(利息)です。

元金に対してどれだけの利子を支払うかを割合で示したものが利子率(interest rate:市場利子率)です。社債などの場合、銀行を仲介してこの利子が支払われます。

資産を貨幣と債券のどちらで保有するかは、この利子率を考慮に入れる必要があります。貨幣はすぐに利用できる点が魅力です。一方で、債権を保有する場合すぐにはお金は帰ってきません。その代わり利子がつきます。これが債券価格です。

また、債券価格は市場利子率と反比例するのが通例となっています。

貨幣需要

ケインズ派の貨幣需要

貨幣需要の動機

貨幣を欲しがる動機として、次の3つがあげられます。

  1. 取引動機:財の取引に使用するため。
  2. 予備的動機:将来の不確実な支払に備えるため
  3. 投機的動機:資産運用のため。

この3つをケインズ派は、貨幣を需要する動機と考えます

続いて、ケインズ派の貨幣需要を考える重要な理論である、流動性選好説について解説します。。

流動性選好説

 流動性とは貨幣のことを指します。どうゆうことか。

債権や株式は利息がつきますが、貨幣には利息がつきません。その代わり、すぐに目の前にある商品を購入することができます。つまり財・サービスとの交換が容易なのです。この容易さが流動性という意味になるのです。

流動性選好説とは、資産を貨幣でもつか、債権や株式でもつかを人々が決定するのは利子率で決まるという理論です。利息が高い方が人は債権に資産を回しますが、利息が低ければ貨幣として保有することになるからです。

取引動機と予備的動機

取引動機予備的動機において、貨幣需要は国民所得と比例します。

国民所得が増えれば、取引も増加します。当然、取引が増加すれば使われる貨幣に対する需要が増加するのです。

もっと噛み砕いて説明しましょう。収入(国民所得)が増えればみんな何かしらの消費にお金を回します。そうなると企業もどんどん投資をします。みんながお金を使う好循環が生まれるのです。

そうなると貨幣が必要な量(貨幣需要)も増加するのです。こう考えると収入が増加すれば貨幣が必要な量が増加する。つまり国民所得と貨幣需要が比例するのがわかるでしょう。

投機的動機

投機的動機貨幣需要は利子率と反比例します。利子率とは市場利子率のことです。つまり、金融機関でお金を貸し借りするときの利子率です。

具体的にいうと利子率が下がると貨幣需要は増加し、利子率が上ると貨幣需要が減少するということです。

債券価格と利子率の関係

投機的動機の節では、貨幣需要と利子率の関係を解説しました。つづいて債券と利子率の関係性について説明をしていきます。

まず、債権価格利息によって決まります

まず、債権には利息がつきます。この利息が高いか低いか、貨幣で取引する場合と比較してどっちがお得なのかを考える必要性があります。

つまり債権を買うのと貨幣を今使ってしまう方がお得なのかを考える必要があるか?ということです。

そのため、債券価格は利子率と反比例します。これがなぜなのかは、次の割引現在価値を理解する必要性があります。

割引現在価値

割引現在価値とは、将来受け取れると見込まれる利益、今現在はいくらの価値になるのかという考え方です。人々は当然、利益の大きい方を選びます。その際に、債権を買った場合に受け取れる収益と、貨幣によって得られる効用を比較します。

利子率が高い状態とは、債権に比べて貨幣の方が割引現在価値が高く見られている状態です。その結果、貨幣に人気出るのです。つまり、流動性選好性が高くなるのです。

一方で、債券価格は人々に割引現在価値を低く見積もられているので、低下することになります。

こうした、将来得られるであろう収益、つまり割引現在価値によって人々が判断することによって、債券価格と利子率は反比例することになるのです。

貨幣需要と利子率の関係

この債券価格と利子率の関係貨幣需要にどのような影響与えるのかを見てましょう。

利子率が下落した場合を考えます。債券価格と利子率は反比例の関係にあります。ですので、債券価格は上昇することになります。債券価格が上昇すると、投資を考えている人は

債券価格が高いから、今から買っても儲からない。だから、貨幣で保有するのが良い。

と考えることになります。

つまり、利子率が下がると債券価格が上昇します。そうなると債券への需要が減少し貨幣への需要が増加することになるのです。貨幣需要と利子率も同様に反比例の関係にあると言っても良いでしょう。

貨幣需要(古典派)

続いて、貨幣需要について古典派の考え方を学んで行きましょう。

貨幣数量説とは?

古典派は、貨幣数量説にもとづいた貨幣需要関数を想定します。

貨幣数量説は、国民所得に対して貨幣の数量を変えたとしても影響を与えないとします。その代わり、物価水準を比例的に変化させるだけだと考えます。

この考え方の理由として、貨幣の中立性があります。貨幣はあくまで取引の仲立ちをするだけであり、国民所得に対して影響を与えないとするのです。これはつまり、味方にも敵でもない貨幣の性質から貨幣の中立性ともよばれます。

とはいえ、物価水準が変化すると人々の生活に影響を与えるので、貨幣の流通量は管理する必要性があります。

貨幣数量説

国民所得に対して貨幣の数量を変えたとしても影響を与えないとします。その代わり、物価水準を比例的に変化させるだけだと考え。その根拠として貨幣の中立性が挙げられる。

2つの式

貨幣数量説においては物価と貨幣量の関係性を数式で表します。それが

フィッシャーの交換方程式
ケンブリッジの現金残高方程式

です。つづいてこちらについて解説をしていきます。


フィッシャーの交換方程式について

フィッシャーの交換方程式では、取引に必要な貨幣の量を表現しております。詳しく説明していきます。

たとえば、ある国のGDPが100兆円だとします。取引には貨幣が必要とはいえ、貨幣を100兆円分発行する必要はありません。なぜなら、お金が世の中をぐるぐる出回っているからです。

そのため、10兆円分発行して、10回取引で使われれば10兆円×10回=100兆円で事足りるわけです。

これがフィッシャーの交換方程式の基本的な考え方です。

フィッシャーの交換方程式は次の形で表されます。

MV=PT

これは、市場に貨幣がどれだけ循環したのかを示した式です。

右辺について、
Mは、マネーサプライ言い換えると発行された貨幣の量
Vは、貨幣の流通速度(velocity)

左辺について、
P物価水準(prices)
Tは、取引量(trade)

になります。

PTは、全体の取引額つまり国民所得(GDP)です。

全体の取引(PT)のために発行された貨幣(M)が、循環して(V)必要な貨幣をみたすと言ったイメージになります。

フィッシャーの交換方程式

MV=PT
Mマネーサプライ(money supply)
V貨幣の流通速度(velocity)
P物価水準(prices)
T取引量(trade)
市場に貨幣がどれだけ循環したのかを示した式

ここで、貨幣の流通速度(V)と取引量(T)は変化しないと考えましょう。政府がマネー・サプライ(M)を増加させると、物価水準(P)が比例して上昇することがわかると思います。このように政府がマネー・サプライを操作する政策を金融政策といいます。

ケンブリッジの現金残高方程式

貨幣量(マネーサプライ)と物価水準(P)の関係性を表す数式に、ケンブリッジの現金残高方程式があげられます。国民所得(GDP)に一定の値をかけたものがマネーサプライになるという考えを数式化したものになります。

ケンブリッジの現金残高方程式は次の形で表されます。

M=kPY

左辺において
Mは、マネー・サプライです。つまり貨幣量のことを指します

右辺は、
・Yは(実質)国民所得
・Pは物価水準

・kはマーシャルのkと呼ばれる定数です

PYは、(名目)国民所得になります。

実質国民所得とは、インフレやデフレを考慮に入れた国民所得のことです。その一方で、インフレやデフレを考慮に入れず調整前の国民所得のことを名目国民所得と言います。

kがは、マーシャルのkとよばれる定数です。

ここから、マネーサプライは名目国民所得に一定の数値(k)をかけたものになることがわかると思います。

ケンブリッジの現金残高方程式

国民所得(GDP)に一定の値をかけたものがマネーサプライになるという考えを数式化

M=kPY

・Mは、マネー・サプライ
・Yは(実質)国民所得
・Pは物価水準

PYは、(名目)国民所得
・kはマーシャルのkと呼ばれる定数

貨幣供給

貨幣が貨幣を生み出すプロセスをまなびます。

信用創造

まず、信用創造とは何かを考えましょう。信用創造とは銀行が貸し付けによって預金通貨を創造できる仕組みの事を指します。

「より噛み砕いて説明します。貨幣には、硬貨やお札などの現金があります。これを、銀行などの金融機関に預けることで、預金となります。

銀行はこの預金を様々な企業などに貸し出します。そして、企業はまた借りたお金を元手に利益を出します。これをまた、他の銀行に預金として預けます。

これにより、初めに受け入れた預金の何倍もの派生的預金が、世の中に発生することになります。これが信用創造です。

この信用創造は、金融システムを人々が信用することで成立しています。例えば、われわれが銀行にお金を預けるのはいつでも引き出せると信用しているからです。

この信用が崩壊すると、銀行にお金を誰も預けなくなり、金融システムは崩壊してしまいます。

支払準備率

金融機関は、支払いに備えて、預金の一部を手もとに置いておきます。これを準備金といいます。

通常、政府や中央銀行などの金融当局は金融システムを守るために支払準備率を定めます。

支払準備率(法定準備率、預金準備率ともいう)とは、金融機関が預金のうち支払の準備として残しておくべき比率を示しております。

中央銀行はこの支払準備率の規定を操作することによってマネー・サプライを操作することができます。

支払準備率

支払準備率(法定準備率、預金準備率ともいう)とは、金融機関が預金のうち支払の準備として残しておくべき比率を示しております。

預金総額

初めに受け入れた預金(Deposit)を本源的預金(d)といいます。支払準備率(reserve requirement ratio)rとします。

これらで、預金総額(D)を表すと以下のかたちになります。

D=d/r

預金総額

D=d/r
・d:本源的預金
・r:支払準備金

ハイパワード・マネー

中央銀行がコントロールできるのは市場にある貨幣量の一部分となります。ですので中央銀行は、自分たちがコントロールできる貨幣量を使用して市場を調整しまう。

この直接コントロールできる貨幣量のことをハイパワード・マネー(H)とよびます。これを式で表すと、

H=現金通貨(C)+準備金(R)

現金通貨(C)は、お札や硬貨などの現金です。こうしたお札は硬貨は中央銀行が発行しているので、コントロール可能な部分になります。

これに対して、預金は信用創造のプロセスの中で生み出されるものなので、中央銀行は直接的に関与することができません。そこで、先に説明した支払準備率を通じて操作可能な準備金を通して間接的に預金を操作するのです。

ハイパワード・マネー

H=現金通貨(C)+準備金(R)
→中央銀行が直接コントロールすることのできる貨幣量のこと

マネー・サプライ

世の中全体に出回っているお金はマネー・サプライ(M)としてあらわします。これを数式で表すと

M=現金通貨(C)+預金通貨(D)

現金通貨は、ハイパワード・マネーのときと同じです。これに、預金(D)を足し合わせたもの市場全体のマネーサプライになります。

貨幣乗数

中央銀行は、ハイパワード・マネー(H)を変化させて、マネー・サプライ(M)全体を操作しようとします。貨幣乗数とは、ハイパワード・マネー(H)を1単位増加させたときのマネー・サプライ(M)の増加分のことを指します。

貨幣乗数をmで表した場合以下のようになります。

M = mH

この式に、H=C+RとM=C+Dを代入をして変形をすると、金融政策についていくつかの説明ができあます。

さいごに

コメント

タイトルとURLをコピーしました