【イラスト図解】貿易理論とは?比較生産説ってなに?わかりやすく解説 | かんたんなミクロ経済学

ミクロ経済学

この記事は、ミクロ経済学について解説する記事になります。特にこの記事では、不完全競争市場と市場の失敗について触れていきます。この記事は、基本的な内容を踏まえた上でないと理解が難しい可能性もあります。以下の記事も見てみてください。↓↓↓↓

生産者理論・消費者理論はこちら
部分均衡分析・一般均衡分析はこちら
ゲーム理論はこちら

この記事でわかること

・ミクロ経済学の全体像がつかめる
・不完全市場の概要をつかめる
・市場の失敗の事例について学ぶことができる

貿易理論

比較生産説

絶対優位とは?

絶対優位(absolute advantage)とは、ある国がべつの国に比べて効率的に財を生産でき、他の国に比べて労働力や資本を投下しなくても効率よく利益が獲得できる状態のことです。

この説明だけですとわかりにくいので、具体例とイラストにより細かく説明をしていきます。

(イラスト)

 例として、A国とB国という国を想定してみましょう。

・A国は、a財を低コストで生産できる
・B国は、b財を低コストで生産できる

 とします。この場合、
・A国はa財
・B国はb財
に資本と労働を集中することで、お互いに効率的に生産ができます。生産された財に関して、
・A国はa財をB国に、
・B国はb財をA国に
輸出することで、資源は効率的に配分されることになります。このような考え方を絶対優位(absolute advantage)といいます。

続いて、こうした絶対的に得意なものが分かりにくい状況である比較優位について説明していきます。

比較優位とは?

 比較優位とは、ある一定の状況下において相対的に、生産が得意な財がある状態のことを指します。その一定の状況下とは財の生産費用の差が生まれる状況のことです。

簡単にまとめると、不得意でも生産できるものがあるというのが比較優位になります。

実際に事例を見ていきましょう。先ほどの絶対優位と時と同じく、2国2財の経済を想定してみて管しあ。

比較優位の例
A国:2財どちらも生産が得意な国
・a財の生産関してかなり得意」
・b財の生産に関してやや得意
B国:2財どちらの生産も不得意な国
・a財の生産に関してはかなり不得意
・b財の生産に関してやや不得意

上記の条件において、A国とB国がどのように行動すべきかを考察してみましょう。

A国は何でも得意な国です。例えば、アメリカなどがそうでしょう。生産の際に、労働力と資本を一つに集中した方が、生産費が抑えられます。

ですので、A国はかなり生産が得意なa財に労働と資本を投下した方が、効率的に生産ができます。一方で、やや得意でしかないb財に関しては生産をしないほうが得策となります。

一方で、B国はa財とb財においてもどちらも不得意です。しかし、どちらかといえばb財が得意な状態です。こうした場合、b財に労働と資本を集中した方が、生産費を抑えながら効率的に生産できます。

また、A国はb財の生産を控え、a財の生産に集中しています。そのためB国は財の生産においてA国において劣っていますが、b財の生産において優位を保つことになります。

結果として、A国はa財をB国に、B国はb財はA国に輸出することで、両国とも生産費用を最小限に保ちながら貿易をすることができるのです。

これを比較優位といいます。この考え方はリカードという経済学者が考案したもので、比較生産費説とも呼ばれています。

ヘクシャー=オリーンの定理


 どのような財に比較優位をもつかについてこれまで、生産費に着目しました。しかし、比較優位には、いくつかの考え方があります。ここでは代表的なものとしてヘクシャー=オリーンの定理をみていきましょう。

ヘクシャー=おリーンの定理とは、各国は自国に相対的に豊富に存在する生産要素を集約的に用いて生産した財に比較優位をもつという意味です。生産費ではなく生産要素の量に着目します。
資本と労働力の量に着目するのです。資本と労働力が少ない国であっても、相対的に優位に立つことができるのです。

 相対的に豊富に存在する生産要素を集中的に投下して、生産活動をおこなえばいいのです。この集中的に投下することを、集約的に生産するといいます。

まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました