ケインズとは?乗数効果や有効需要の原理についてわかりやすく解説。

ケインズ経済学とは?・有効需要と乗数効果の原理についてわかりやすく解説 経済学

 この記事では、ケインズについて解説します。この記事を読むことでケインズという人物とケインズ経済学の基礎的なことを理解することができます。

基本的に、経済学の知識がない方でも読むことが可能です。

ケインズとは?


 ケインズのフルネームは、ジョン・メイナード・ケインズ(1883年6月5日 – 1946年4月21日)と言います。

引用:Wikipediaより

 彼は、イギリスの経済学者であり、「ケインズ経済学」を生み出した人物です。

 彼が生きた1930年代は大不況が世界に蔓延。そして、失業者が大量発生した時代です。ケインズは、この経済状況を改善する方法を必死で考え出しました。

 その結果生まれたのが、『雇用、利子および貨幣の一般理論』という本です。略して『一般理論』と呼んだりします。この本は、当時の経済の考え方に大きな革命を起こしました。

そして、この考え方こそが「ケインズ経済学」と呼ばれます。

ケインズ経済学とは?

 前提としてケインズ経済学は当時の大不況を乗り切るために生まれました。彼の理論は、当時の不況を改善するものとして、多くの信奉者を得ました。そして、のちのマクロ経済学の基礎になりました。それほど、斬新で影響力のある考え方だったのです。

これまでの経済学、つまり古典経済学の考えでは、不景気なら「緊縮財政」を敷くことが定石でした。しかし、ケインズは政府と民間ともに金を使って経済を回すことを主張しました。そして、需要の増大こそがその国の経済を拡大させる原動力としました。

実際に、ケインズが考えた訳ではないのですが、アメリカのニューディール政策などのように公共事業により、需要が創出され景気を持ち直した事例もみられたのです。(効果があったかは疑問視する声も)

 ケインズは、不景気になる要因として有効需要の不足を指摘します。そして、お金をたくさん使うと景気が改善する根拠として乗数効果という理論を主張しました。

では続いて、
有効需要の法則
・乗数効果

について説明していきます。 

有効需要の原理とは?

「有効需要」とは?

有効需要とは、貨幣的裏付けのある需要のことをさします。

 商品は需要があって初めて生産されます。生産しても売れなければ在庫が残ります。結局、生産は売れる規模にまで縮小されます。その際の需要は,人々が頭の中で欲しい、買いたいと思うだけではダメです。貨幣支出として市場にでてくるものでなければなりません。
 たとえば,人々が自動車に対する強い欲望をもっていても,それを購入する貨幣をもち,実際に需要者として購入しなければ、自動車生産は増加しません。この貨幣支出の裏付けをもつ需要が有効需要なのです。

有効需要の原理

有効需要の原理とは、需要に合わせて生産量は調整されるということです。下の図をみてください。

需要する側が100個商品を欲しいと考えたとします。その場合、生産者側は需要に合わせて100個しか生産をしません。実際に考えてみても、需要がないのに生産を増やす企業は考えにくい。

 また、このことを裏返すと生産が増えれば雇用する労働者の数も増え、国民の所得が増えることになります。

つまり需要が増えれば、生産が増え国民の所得も増えることになるのです。

しかし、もしこの時需要が減少したならば、逆のことが起こります。こうした時に政府の出番となるのです。

乗数効果

 乗数効果とは、政府による財政支出の派生効果により、その何倍もの需要を生み、有効需要を押し上げる効果のことです

政府によって、公共投資が行われることで、波及的に生産者が投資を増やし、国民所得が増加し、消費が増加、さらに消費が増えるという需要拡大が波及的になされていくのです。

これが、政府がお金を使うことで景気がよくなるという主張の根拠となったのでした。

実際にこうした経済への考え方は、第二次世界大戦後、世界各国で政策に導入されたのでした。

最後に:ハーヴェイロードの前提が崩れた

ケインズの経済学は、政府は民間経済主体に比べて経済政策の立案能力・実行能力に優れているという前提の元建てられた理論でした。

そのため、ケインズは借金をしてでも政府は財政出動をすべきことを主張しました。そこには政府は借金を返すという前提があったのです。

しかし、これらの借金は返済されることなくむしろ累積していきました。

そのほかにも、政府と民間の癒着なども起こり、政府への不信感は増していったのです。

こうした中で台頭してきたのが「新自由主義」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました